二条公園の夜桜を観ながら、今年度の目標でも考えてみよう

桜が満開になったのに、土日はあいにくの雨。次降ったら、もう残っていないかもしれないので、仕事帰りで二条城近辺まで寄ってみた

20170410 夜桜 002

二条城のすぐ近くにある二条公園では、あちこちに桜が植えられている。夜桜を意識してライトアップされているわけでもないので、地味な照明ではあるが、幻想的な風情を感じなくもない。カメラの撮りよう次第で

20170410 夜桜 006

最近、読書の記事をあまり上げられていないが、本来はもっと読書に励んでいなくてはならなかった。今年中の引越しを考えていて、少しでも積読を減らして費用を浮かしたいのだ
それが去年からスマフォゲーのいわゆるダビスタこと、『ダービースタリオン マスターズ』、今年に入ってからは廃人ゲーム『Fallout4』に手を出してしまい、この有り様である。ダビスタは無課金で頑張っているけど、レースを真面目に観戦しているとあっという間に時間が経つし、『Fallout4』はプレイもさることながら攻略記事書くのに時間を使っちゃうんだなあ

20170410 夜桜 007

このまま、なんとなく月日が経ってしまってもアレなんで、今年というか、今年度の方針、目標を立てておこう

<小説> 『ホワイトジャズ』などのジェイムズ・エルロイ、『大聖堂』シリーズなどのケン・フォレットとか、他アメリカ文学
<新書・専門書> 『ザ・フィフィティーズ』のディヴィッド・ハルバースタム(できれば『ベスト&ブライテスト』も)

トランプ政権の成立で、激動のアメリカ。『Fallout4』にもリンクしているので、積読のなかでも優先的に消化したい

<マンガ> 『進撃の巨人』『軍靴のバルツァー』『ゴールデンカムイ』『中間管理録トネガワ』

『軍靴のバルツァー』は近場の本屋に置かなくなって、買いそびれていた。作者が病気で休載というパターンもたまにあるから
最近出たので、気になるのもちょくちょくと触りたい

<アニメ> 『装甲騎兵ボトムズ』『戦闘メカ ザブングル』『無敵鋼人ダイターン3』

ボトムズしかり、まだ未見の富野作品とか。イデオンも見返したい

20170410 夜桜 012

まあ、健康とゲームのし過ぎに気をつけながら、文化的生活を送っていく所存です
早く仕事場の近くに引っ越して、余暇を増やしたいなあ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『進撃の巨人』 第7巻・第8巻 諫山創

絵に迫力が出てきた


進撃の巨人(7) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2012-12-03)
売り上げランキング: 436

進撃の巨人(8) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2013-03-22)
売り上げランキング: 449


第7巻。エレンを囮にして、女巨人を捕獲する作戦はいったん成功したかに見えた。しかし、女巨人は仲間の巨人たちを呼び寄せ、自らを捕食させて脱出してしまう
それのみに留まらず、女巨人のうなじから脱出した本体(!)は、立体機動を利用して偵察兵団の混乱させてしまうのだった
女巨人は「鎧の巨人」と同様に、肉体の一部を一時的に硬化させる能力を持ち、巨人共通の弱点であるうなじをカバーさせてしまう。エレンとの巨人同士の戦いは絵的にも見もので、ようやく怪獣対決の醍醐味が出てきた気がする
エルヴィン団長が作戦を一部の人間に伝えなかったのには、それなりの事情はあり、それ込みで犠牲が出過ぎなのだが、ある程度の整合性は出てきた

第8巻。エレンは女巨人に敗北して連れ去られそうになったが、かろうじてリヴァイ隊長ミカサに助けられる
偵察兵団の威信を賭けた作戦の失敗で、エレンと団長たちが王都に召喚されてしまうが、アルミン憲兵隊のアニ・レオンハートにエレン奪還の手引きを手伝わせようとする。しかし、彼にはある狙いがあったのだった……
前巻で巨人から抜け出た人間が立体機動を使ったことで、女巨人=内部犯人説が浮上する。巨人化がエレンに限られないのなら、何が巨人化の引き金になるというのか。エレンの両親絡みというわけでもないようだ
それだけでは終わらず、女巨人が穴を開けた壁の中からは、大巨人が顔を見せるという驚愕の展開。人柱ならぬ巨人柱(!)とは、これいかに
壁を信奉する信仰者にも、根拠があったということになる

読者に伏せられた情報によって意表を突いてくるので、展開を楽しみつつもやや飛躍を感じるし、謎も残されたまま次へ進んでしまう。どこかで説明でなく、ドラマで昇華されないだろうか
なぜ、女巨人化したか、というところを明らかにならずに、冬眠されちゃうのだかんね


前巻 『進撃の巨人』 第5巻・第6巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『ヌメロ・ゼロ』 ウンベルト・エーコ

イタリア版松本清張
新聞の出資者コンメンダトール・ヴィメルカーテのモデルはベルルスコーニらしい


ヌメロ・ゼロ
ヌメロ・ゼロ
posted with amazlet at 17.03.30
ウンベルト・エーコ
河出書房新社
売り上げランキング: 167,155


売れないライターであるロマンナは、シナイという男に依頼され、新たに創刊される日刊紙『ドマーニ(明日)』に参加する。テレビに負けない情報で読者を揺さぶる方向性で動き出すも、出資者であるコンメンダトール・ヴィメルカーテの隠然とした意向にいつのまか左右されてしまう。そして同僚ブラッガドーチョから、教皇庁の秘密、ムッソリーニの生死の謎、対コミュニスト部隊ステイ・ビハインドを聞くに及んで、事態は急変して……

『薔薇の名前』などで知られるウンベルト・エーコの遺作である。管理人はエーコの作品がはじめてで、まさか遺作から読むことになるとは思わなかった(苦笑)
出版は2016年ながら、作品の年代は1992年の5月から6月の一月間。ソ連が崩壊して冷戦時代の緊張が良くも悪くも溶け始めた時代。ネットが一般的ではなく、記憶媒体はフロッピーディスクで、主人公たちの新聞が意識するライヴァルも週刊誌でありテレビである
冒頭は、主人公が寝ている間に水道を止められるという事案、本人にとって不気味でも他人にとっては取るに足りないアクシデントから始まる。主人公が病んでいるとしかいえない出だしだが、その後に日刊紙の準備に携わるところから、神経症気味になるに到った経緯が分かる
話の展開はどこか松本清張を思い起こしてしまうが、かつてイタリア共産党が大きな勢力を持ち、極左組織がマフィアを介して保守勢力と結びつき、元首相を誘拐暗殺するとか、百鬼夜行の裏社会を持つイタリアの風土からすれば、遠い昔のことではないのだ

殻を破ろうとして生まれたはずのメディアが、どうやって既存のもののような保守性、事なかれ主義に陥っていくかが、本作の焦点だろうか
編集長であるシナイは、主人公コロンナを参謀格に経験の薄い記者たちを指南していくが、読者に新しい刺激を与えるとしつつも、不愉快になることを書かない読者にあくまで印象だけを残して、一定の方向に誘導することを目的とする。想像を誘うだけで、その責任までは取らないのだ
主人公のように本来は独立心をもった人間でも、いったん組織に属してしまうと、ブラッガドーチョのようなはねっ返りを除き、その枠内でしか動かなくなってしまう。官僚を批判する側が官僚的になってしまうのは、日本だけではないらしい
保守層を敵に回すことが出資者の意向に沿うのか、マフィアを敵に回す覚悟があるのか、そこまでするほどの意味があるのか、そんな内輪への言い訳を言っている間に、外国のメディアに堂々と暴露されてしまう。この報道途上国あるあるが、物悲しい
もっとも根っこでは、どこのメディアも抱えている普遍的な問題でもあり、一流メディアの報道という触れ込みで、実はそれも情報操作されているという現実もあるわけだが
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『LAコンフィデンシャル』 ジェイムズ・エルロイ

先週は持病の発作を起こして、検査入院。稀勢の里の一番を、病院のテレビから眺めたのであった
照富士は、ずいぶん株を落としたな、おい


LAコンフィデンシャル(上) (文春文庫)
文藝春秋 (2016-05-28)
売り上げランキング: 126,906

LAコンフィデンシャル〈下〉 (文春文庫)
ジェイムズ エルロイ
文藝春秋
売り上げランキング: 199,178


著名な父を持つエクスリーは警察官の世界で出世すべく、監獄の暴力事件「血塗られたクリスマス」をきっかけにロス市警の警部にのしあがる。地方検事候補エリス・ローに可愛がられた彼だったが、娼婦殺しに異様な熱意を燃やすホワイトや芸能界に羽を伸ばすヴィンセンスらベテラン刑事の反感を買ってしまう。しかし謎の虐殺事件「ナイト・アウル」を契機に、宿敵の三人が奇妙に交錯する

ケヴィン・スペイシー、ラッセル・クロウの出世作としての有名な映画の原作小説。LA暗黒街シリーズの中では第三作目である
出世欲と正義感に板ばさみのエド・エクスリー、女殺しを許さない暴力的正義の体現者“バド”・ホワイト、麻薬と芸能界で遊泳するジャック・ヴィキンズの三者の視点で物語は進み、現在扱う事件と別件が絡むところは前作『ビッグ・ノーウェア』と似ているものの、その絡み方はより重層的へ深化している。いい格好しいのエドと暴れん坊刑事のバドが好対照をなして人物の位置関係は分かりやすいものの、ナイトアウル事件が並行して起こる猥褻本事件とつながるのみならず、かつての児童連続殺人事件の真相へもつながってしまうとか、ロサンゼルスという都市空間の歴史と因縁が群像劇として描きだされているのだ
シリーズとしても、前々作から登場の俗物検事エリス・ローに、最凶の悪徳警官ダドリー・スミス史実の大悪党ミッキー・コーエンに負けない存在感を見せており、暗黒街を仕切る彼らがどう関わっていくかも注目である
ねえ、読者のみなさん。あなたがたはこの話をこの誌面ではじめて知ったのだ――この話はオフレコだよ。内緒だ。まさにハッシュ、ハッシュ

主人公の一人、エクスリーの父プレストンは、優秀な警官でありながら実業家に転じて、大成功を治めている
プレストンが携わるのがディズニーランドをモデルにしたテーマパーク『ドリーム・ア・ドリーム・アワー』であり、ウォルト・ディズニーをモデルにしたレイモンド・ディータリングなる人物が登場する
なぜ、わざわざディズニーを別名に置き換えたのか
作中にはなんと、アニメ『ドリーム・ア・ドリーム・アワー』の関係者の間で麻薬が蔓延している描写があるのだ。主人公の一人ヴィンセンスはそれをお目こぼしする代わりに、ロス市警を描いたドラマ『名誉のバッチ』の考証を担当するなど甘い汁を吸ったりとか、芸能界と警察行政の癒着ぶりが本作の背景に取り上げられているのだ
次作の『ホワイトジャズ』には、しれっとした顔でディズニーランドをそのまま出しているようだから、本作の描写がどこまで本当かは分からないが、土地と年代的に充分ありえる話ではある
当然のことながら、レイモンド・ディターリングは劇場版にはいっさい登場していない。某諸悪の根源が生き残ったりと、映画とはずいぶん展開も結末も異なるので、違いを楽しみに読み進もう


前作 『ビッグ・ノーウェア』

関連記事 【DVD】『LAコンフィデンシャル』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。