『アルスラーン戦記』 第1巻 荒川弘

天野喜孝のイメージが強い


アルスラーン戦記(1) (少年マガジンコミックス)アルスラーン戦記(1) (少年マガジンコミックス)
(2014/04/09)
荒川 弘

商品詳細を見る


小説は何度も読み返した人間なので買ってみた
第1話にアトロパテネ前のエピソードが追加されていて、繁栄するエクバターナルシタニア人奴隷とそれに捕まったアルスラーン王子が駆けていく
アルスラーンが奴隷制になんら疑いを持っていないのが印象的で、ルシタニア側の宗教的主張なども盛られて世界観が補強されていた
原作の弱点のひとつに主人公の影が薄かったので(そもそも主人公なのかという問題もあるが)、王子がはちゃめちゃ動きまわる展開は楽しい。性格も小説より好奇心旺盛なようだ
少し残念なのが、背景が薄かったこと。歴史物に長じたアシスタントを調達できなかったのだろうか。麗しのエクバターナを再現してもらいたかった

アトロパテネの会戦が始まってからは、ほぼ原作どおり
濃霧の中を騎馬軍団が全軍突撃する。中坊ながら、「これはないだろう」と思ってましたよ(苦笑)
漫画になって目立つのは、血と殺しあいの描写である。
剣士が一振りすれば、相手の首が飛び血を吹き出す。小説を忠実に再現してみると、そこは地獄絵図
アクションでは振るった瞬間を捉えて、ゴムゴムのように伸びきったり(笑)、描写に軽さがあるのだが、その後の光景には死体と血だまりに溢れたリアリズムがある
まして主要キャラクターと雑兵が同じ人間と感じられるように描かれているので、インパクトが強い
古来、戦場の英雄とはよく敵を殺す者である。小説では軽快な文章で通り過ぎる部分を、漫画ではがっつり捉えてしまった
漫画家のこだわりがジュブナイル小説のバランスを崩し、弱点をいらずらに晒してしまわないか。このコラボレーションは爆弾を抱えている
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。