【BD】『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』

飛行機だけはカンベンな


特攻野郎Aチーム THE MOVIE<無敵バージョン>ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]特攻野郎Aチーム THE MOVIE<無敵バージョン>ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]
(2011/01/07)
リーアム・ニーソン、ブラッドリー・クーパー 他

商品詳細を見る


イラク戦争に召集されたAチームは、バグダッドで活動するゲリラから偽ドルの原版を奪取せよ、との指令を受けた。リーダーの“ハンニバル”スミス大佐(=リーアム・ニーソン)の作戦に基づいて、ライバルのブラックフォックスを出し抜くも、原版の入ったコンテナが爆発、上司であるモリソン将軍(=ジェラルド・マクレイニー)が死亡してしまう。責任を問われてAチームは特別刑務所に収容されるが……

2010年公開の劇場版“特攻野郎Aチーム”。日曜洋画劇場が有名だから、テレビ映画ぐらいにはなってるか思ってたら、もとは全部1時間枠のようで
キャストもハリウッド仕様に変わってスマートな感はぬぐえないが、お馬鹿なノリは健在
80年代を思い出させる、意味もなく過剰でゴージャスなアクションが繰り広げられる。落下する戦車に砲撃させて、湖の上に落ちるように修正し、かつ衝撃を和らげるとか、着想が斜め上すぎる(爆)
バルガスがビルから落下して自動車のフロントガラスに頭をぶつけても、足を引きずるぐらいでフルオートの銃撃を平気とか、この雑さに痺れますわ
派手に爆発するわりに、他の映画より死人も少ない。テレビシリーズの良さを見事に引き継いだ劇場版である

時代も変われば、設定も変わる
テレビシリーズではベトナム帰りの設定で、「国に裏切られて」自ら正義のAチームを作る
本作ではそれがイラク戦争になり、真相解明と名誉回復のためにチームを組む。結果的に「国に裏切られ」、反骨のAチームが生まれる
バルガスが服役中に非暴力主義に目覚めるのが印象的で、作戦を厭う彼にスミスはあえてガンジーを引いて、「ガンジーの非暴力には信念があった。君には?」と戒める
国防省、CIAといった権威に楯突きつつも、イラク戦争でもたらされたニヒリズムをはっきり否定していた
テクノロジーという部分では、無人機が怖すぎる。80年代調の中では、まるで未来兵器のごとし
MQ-9リーパーは、スティンガー空対空ミサイルを搭載でき、Aチームがジャックした輸送機を木っ端微塵にする
映画でもCIAら、こうした兵器を安全な後方から運用する者たちを批判的に扱っている


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。