【BD】『機動戦士ガンダム00』 第3話~第6話

乙女座のエース


機動戦士ガンダム00 2 [Blu-ray]機動戦士ガンダム00 2 [Blu-ray]
(2008/08/22)
宮野真守、三木眞一郎 他

商品詳細を見る


一枚で4話収録。残りもこのペースみたい


<第3話 変わる世界>

ユニオンのエース、グラハムの退けたエクシア。彼らのソレスタル・ビーイングの活動は、世界の報道機関を通して認知されていく
次の作戦は、南アフリカの鉱山地帯(コンゴ?)、南米タリビアの麻薬畑、セイロンの三派に分かれ、セイロン島に再度介入した刹那は、人革連のセルゲイと一戦を交えた
こうした作戦の影響で、400年続いた北アイルランドの紛争が終結し、世界を再び驚かせる

北アイルランドの「リアルIRAには、腹を抱えた(笑)
実際のIRAは街に溶け込む形で活動し、必要なときに山里に集まるという行動パターンだから、ガンダムのような大型ハードを恐れて紛争を止めるとは本来考えにくい
リアルでないと、百も承知だからこそのネーミングであろう
この世界の戦争は、正規、不正規問わず、人型機動兵器に乗って戦う設定だから、ガンダムによる武力介入が通用するわけだ
絹江などのジャーナリストに焦点があたるところは、『沈黙の艦隊』の影響が見てとれ、彼女の弟・沙慈が刹那の隣の部屋に住んでいて、この姉弟から一般人の視点が盛り込まれていくようだ


<第4話 対外折衝>

ソレスタルビーイングの活動を受けて、南米のタリビア共和国がユニオンからの離脱を宣言した。仮にアメリカと戦争状態となれば、それを止めるためにビーイングが介入すると見込んでの動きだ
どちらに味方するか、注目されたが、刹那たちはタリビアを紛争幇助国と見なして攻撃。タリビアはユニオンに下ることとなる

さらに新しいキャラクターが加わった
カザディスタン王国の女君主マリナ・イスマーイルで、髪型以外が王留美と差がないので分かりにくい。目がでかいキャラクターデザインは、描き分けに難があると見たぞ、小生は
タリビア共和国はベネゼエラのチャベス政権を意識しているようだが、軌道エレベーターの近くにあるから離脱する利があるというのが良く分からない
チャベス政権は産油国であることが独自外交の根拠としたが、エネルギーで自立できないのであれば、ユニオン離脱も勝手すればという話になる
反米を叫んだ大統領が土下座して権力を保てるという展開も現実的でないし、各地の紛争はあくまでガンダムを出すネタとして消費されている
ガンダム的お約束に縛られるのは分かっているが、もう少し頑張って欲しい


<第5話 限界離脱領域>

経済特区・東京の学生である沙慈は恋人未満のルイス・ハレヴィと、人革連の軌道エレベーター「天柱」の見学に出かける。「天柱」近くの宙域では、対ガンダム部隊を任されたセルゲイが、超人計画で作られた少女、ソーマ・ピーリスと新型兵器の試験運転をしていた。ガンダム・キュリオスのパイロット、アレルヤも「天柱」にいたが、ソーマ・ピーリスの脳波と干渉し合ってしまう。ソーマの暴走で「天柱」の一区画が剥がれ、沙慈たちは宇宙に漂うことに

今まではシーンが細切れに分割し、情報、伏線を盛り込む構成が目立ったが、今回はテーマがしっかりしている
沙慈たち、200人の民間人が乗ったブロックを、大気圏に突入する前にいかに押し返すか
人革連のセルゲイが自己犠牲精神を発揮したかと思えば、普段は寡黙なアレルヤが無断でキュリオスを発進させ、それに加わるという意外な人間模様も見られた
逆シャアのアクシズ押しを彷彿とさせる展開は、富野信者も燃えざる得まい
沙慈とルイスのキャッキャッウフフも、殺伐としたシーンの多い本作では非常に大事である
前回に登場したソーマ超兵計画で作られた、いわゆる一つの強化人間なわけだが、アレルヤとNT現象を起こすのは意外だった。なぜに脳波まで送受信する必要があるのか、そのうち分かってくるのだろう
常識的に考えると、ソーマの起こした騒動は超兵計画終了のお知らせと言わざるえないが、それを続行できる展開も人革連ならさもありなんと、不思議な説得力がある(苦笑)


<第6話 セブンソード>

AEU(新ヨーロッパ共同体)は軌道エレベーターの起動のために、モラリア共和国の支援を決めた。モラリアはPCMと言われる総合軍需産業で成り立っていて、軌道エレベーターの運用にPCMの技術が欠かせない
AEUとモラリアの合同軍事演習に罠と知りつつ、刹那たちは介入するが、そこに傭兵アリー・アル・サーシェスが立ちはだかる
コーラサワーの芸術的出落ちは必見だ

前回の独走でアレルヤは営倉入りとなった。ティエリアはアレルヤの行動をビーイングの秩序を乱すものと手厳しい。同じように見えるメンバーにも、徐々に個性が見えてきた
ロックオンが兄貴分としてバラバラの三人をフォローしていて、彼がチームの要石のようだ
何気に戦術予報士のスメラギユニオンの技術顧問ビリー・カタギリと同窓であることが発覚し、過去の事件が意味深に語られたり、と伏線もばっちり
ただしカザディスタン王国の姫様に関しては、一人で外交やってたりと演出が杜撰だった。分かった口を叩く秘書ぐらいはついてけというに


次回 【BD】『ガンダムOO』 第7話~第10話
前回 【BD】『ガンダムOO』 第1話・第2話

HG 1/144 GN-003 ガンダムキュリオス (機動戦士ガンダム00)HG 1/144 GN-003 ガンダムキュリオス (機動戦士ガンダム00)
(2007/11/25)
バンダイ

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。