【DVD】『牙狼 GARO RED REQUIEM 』

パチンコはCR中尾彬

牙狼 [GARO]~RED REQUIEM~ [DVD]牙狼 [GARO]~RED REQUIEM~ [DVD]
(2011/08/02)
小西遼生、松山メアリ 他

商品詳細を見る


魔戒騎士・鋼牙(=小西遼生)は、ある町でホラーと戦う魔戒法師たちに出会う。鋼牙は強力な使徒ホラーであるカルマ(=原紗央莉)を追っていたが、アカザ(=斉藤洋介)たちから手がかりは得られない。紆余曲折を経て、父である魔戒騎士を倒した敵討ちに燃える烈火(=松山メアリ)と捜索にあたった鋼牙は、封印が施された怪しげなクラブハウスを見つけるが……

パチンコで有名な特撮の劇場版だが、微妙な出来だった
GAROは現代の世界でファンタジーをやっているのだが、一般人からの視点がないので魔戒騎士たちの立ち位置がつかみにくいのだ。鋼牙や烈火に普段からあの浮いた格好させるなら、「あの人たち、なんなの?」(笑)という生温かい目線が欲しい
テレビ版の薫のような一般人がいないので、関係者だけの内輪の死闘になってしまい、彼らが体を張る理由に説得力がない。テレビ版後半から続くの悪い流れだ
アクションと映像は魅せるものの、ドラマの出来もよろしくない。ドラマのひとつひとつの場面がぶつ切りで、なぜカルマ側が魔戒騎士に気づくかとか、最低限必要な手順が欠けていた
ここまで具合が悪いと、何か納期的なトラブルがあったかと勘ぐりたくなる、脚本家は『陰陽師』の人なんですけどねえ
鋼牙が苦労のすえに黄金騎士を取り戻した場面にカタルシスがあるだけに、序中盤が惜しまれる

なぜ、女性は魔戒騎士になれないのか
特に理屈で説明されないが、テレビ版同様に女性がラスボスであることで納得はいく
表の世界では男の力押しが通っても、魔界を通った女性たちは圧倒的な力を男に振るっていく
クライマックスの戦闘で、原紗央莉の裸体に目がけ突進する英霊たちは、まさに精子の如し(笑)
純粋すぎる硬派青年に、搦め手から攻めてくる女性ホラーという、心理学で説明すると格好よさそうな構図が見て取れよう。一言でいうと、痴女ものですけど
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。