『未完のファシズム 「持たざる国」日本の運命』 片山杜秀

戦前の日本は軍国主義ですらない?

未完のファシズム: 「持たざる国」日本の運命 (新潮選書)未完のファシズム: 「持たざる国」日本の運命 (新潮選書)
(2012/05/25)
片山 杜秀

商品詳細を見る


なぜ日本の軍人たちは精神主義に陥っていったのか。第一次大戦の衝撃から軍人たちがいかなる教訓、哲学を引き出し、どう日本を変えようとしたかを探る
旧日本軍の精神主義は伝統的な、日露戦争あたりから出てきたものと考えがちだが、本書はそういう立場をとらない
むしろ、世界大戦の現実を精密に分析した上で、大国に比して「もたざる国」の立場を痛感して科学戦、総力戦に挫折し、それを補うために精神力が持ち出されたとする
本書は戦争指導に影響を与えた軍人たちの思想を追って証明していく
総力戦の理想は明治憲法の分権的体質、政党政治の枠組みによって阻まれて、「未完のファシズム」のままに太平洋戦争に突入していたのだ

本書で登場する軍人たちは、ほとんどが近代戦を合理的に受け止めている
日本は第一次大戦で総力戦を経験しないまま、第二次大戦に突入したので軍組織が旧態依然だったという通説があるが、これは半ば間違い
数多くの軍人が第一次大戦の衝撃を受けて、これからは科学戦、総力戦の時代だと認識していたのだ
その例証となりうるのが、第一次大戦で日本がドイツの支配する青島に行った作戦だ。そこでは旅順の教訓から白兵突撃ではなく砲戦主体の攻略作戦が展開され、旅順戦より膨大な砲弾と引き換えに少ない犠牲で勝利を得ていた
しかし世界大戦を分析すればするほど、国力、物量の差が明らかになり、短期間でそれを満たすことはできない。軍人たちは何かでそれを補うことを考えざるえなかった
ロシア軍から大戦を観察した小畑敏四郎は、タンネンベルクの戦いにおける寡を持って多を制する「作戦に希望を託した。ただしこれも冷静に考えると、相手がこちらより野暮天でなければ成立しない。そこで「精神力」と言いはらざる得なかった
「持てぬなら、持たしてみせよう」というのが石原莞爾で、満州事変を起こし満蒙の地を巨大工業地帯にし数十年の持久を経て、アメリカを挑むことを夢を見た。しかし、満州を手にしたことでソ連と国境を接し、国力をつける前に大戦の危険が高まってしまった
究極の精神主義者ともいえるのが中柴末純で、「精神力」を理論化すべく倫理学の吉田静致に学び、相対性理論まで引いて日本人が狂ったように戦うことで相手の「戦意」を阻喪させることで国力の差を補おうとした
中柴はかの「戦陣訓」の編纂に携わり、アッツ島の玉砕を作戦の失敗ではなく相手の「戦意」にダメージを与えて評価するほどだった
しかし実のところ、中柴自身は工兵出身の合理主義者であり、「精神力」が「物量」に負けることを自覚していた。秀才の頭脳が敗北という現実に立ち向かえず、現実からの逃避先が「精神力」であったといえるだろう

本書はですます調で読みやすいのだが、推理に頼る部分も多く、特に「皇道派」と「統制派」の関係については怪しい
「皇道派」が天皇重視、現状維持と「統制派」が統制経済、現状打破にように色分けされているが、実際は九州人と東日本人の地縁、対ソ戦の見通しが対立の引き金であって、イデオロギーの差はそれほど深くなかったはずだ
また、戦争を指導する側からの論証であって、帯にある「日本人はなぜ天皇陛下万歳で死ねたか」の答えとしては道半ば。それは動員される側の、空気論や死生観などから語られるべきだろう
そうしたところもあるにしても、タイトルになった「未完のファシズム」の章にある総力戦体制への右往左往は面白い
いざ大戦となって東条英機が指導体制を確立しようと、首相、陸軍大臣、参謀総長を兼任すると、天皇の統帥権を犯すものと批判され、「日本のヒトラー」と仇名された。そして、戦局が悪化して東条下ろしが始まると、そのスローガンはなんと「東条ファッショ政権打倒」!
軍国主義とファシズムはごっちゃに使われやすいが、戦前の日本にとってすらファシズムは高すぎる壁だったなのだ
実は明治憲法、「戦争のできない憲法」だったというのが、本書の結論である
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。