【DVD】『エンゼル・ハート』

あかん、オチを書いてまう


エンゼル・ハート [DVD]エンゼル・ハート [DVD]
(2003/02/21)
ミッキー・ローク、ロバート・デ・ニーロ 他

商品詳細を見る


1955年のニューヨーク。私立探偵ハリー・エンゼル(=ミッキー・ローク)は、謎めいた紳士ルイス・サイファー(=ロバート・デ・ニーロ)から依頼を受ける。失踪した有名歌手ジョニー・フェイバリットを探して欲しいというのだ。ジョニーは1943年にアフリカ戦線から戦争神経症で帰国していたが、病院から姿を消していた。捜索するハリーの行く手には、数々の殺人事件が起き続けて……

子どもの頃に何度か観て、記憶に残っていた映画。やはり、面白い
原作の舞台はニューヨークのみらしく、南部ニューオリンズを入れたのは監督アラン・パーカーの意向で、ブードゥー教の要素を取り入れるためだろう
物語は他人を追いかけているはずが、実は自分が追いかけられていて、主人公は過去の行いを自分自身によって暴かれるという因果応報。自分の意識が預かり知らぬところで、もう一つの自分が動いているという恐怖を描いている
ブードゥー教、悪魔崇拝といったオカルトギミック、鮮血と心臓が飛び出すグロシーンもあるものの、ジキルとハイドな二重人格のホラーなのだ

ブードゥー教はアメリカ南部、ラテンアメリカの黒人奴隷に信仰された民間宗教なのだが、自由の国アメリカでもかなり屈折した歴史を持っている
黒人の宗教であるブードゥーは白人による弾圧を受け続けて、身を守るためにキリスト教の外見的に取り入れて、神話の中に聖母マリアや聖人も登場させた
冒頭にある黒人の教会で、黒人牧師が異様な説教を行ったり、悪魔崇拝のような祭壇が隠してあるのは、似非キリスト教に対する揶揄と受け取れる
キリスト教的外見を手に入れても、ブードゥーは20世紀にいたるまで非合法化状態のまま迫害され、ハリウッド映画でイメージダウンが意図的に行われたようで、それが今のゾンビものにつながっていく
この映画が公開されたのが1987年ちょうど、アメリカでブードゥーが合法化された年なのだが、ハリウッドには関係なかったようだ



堕ちる天使 (ハヤカワ文庫NV)堕ちる天使 (ハヤカワ文庫NV)
(1981/02)
ウィリアム ヒョーツバーグ

商品詳細を見る

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。