【DVD】『女囚701号さそり』

花よ きれいと煽てられ

<東映オールスターキャンペーン>女囚701号さそり [DVD]<東映オールスターキャンペーン>女囚701号さそり [DVD]
(2011/11/01)
梶芽衣子、横山リエ 他

商品詳細を見る


女囚701号の松島ナミ(=梶芽衣子)は、木田由紀子(=渡辺やよい)と脱獄しようとするが、看守たちの追跡に捕らえられ独房に入れられる。彼女にはかつて、恋人である警視庁の刑事牧野(=夏八木勲)に利用され、捨てられた過去を持っていた。牧野はナミの報復を恐れて同じ刑務所にいる女囚・片桐(=横山リエ)に殺しを命じる一方、煮え湯を飲まされている所長・郷田(=渡辺文雄)は過酷な懲罰を与えるのだった

リアルという言葉を蹴散らすような圧倒的セックス&バイレオンス!
OPロールで全裸の女囚の行進に、にたりと笑う看守。囚人班長の鬼イジメ、看守たちの性暴力、潜入した女看守とのレズ、逆レイプに遭う看守たち、宙吊りのリンチ……これでもかと肉体がぶつかり合い、色気と血が流れ続ける
あえて記号化を目指す演出が徹底されていて、役者たちのシンプルでアクの強い演技と、ときに演劇そのものという場面構成怒ると赤くなる背景、崩れる天気と、視聴者を独特の世界観に引き込んでいく
1時間27分という短い尺のわりに、登場人物が多く話が複雑なのだが、勢いとスピード感で納得させる力があるのだ
最後は問答無用、疾風怒涛の復讐劇。タランティーノが惚れるのもよく分かる

さまざまな場面で強調されるのが、日の丸
牧野に処女を捧げた血は白いシーツに赤い丸となり、牧野が自らを刺したドスを国旗へと放り投げる。冒頭では国旗が掲揚され、君が代が流れる表彰式をぶちやぶるようにサイレンが鳴る
女刑務所の看守たちは戦前の憲兵隊のような人間であり、権力を傘に着てムチを振るう。戦後に至っても日本の組織には、軍隊的、封建的な性格があることを比喩したいのだろうか
業を煮やした女看守たちの反乱とその悲劇的終焉は、『平成狸合戦ぽんぽこ』を思わせる。牧野の死に方も本当に悪いのは体制だと指し示したいようだ
公開は1972年。あさま山荘事件の年である


関連記事 【DVD】『修羅雪姫』


キル・ビル Vol.1 [DVD]キル・ビル Vol.1 [DVD]
(2012/04/13)
ユマ・サーマン、ルーシー・リュー、ヴィヴィカ・A・フォックス、マイケル・マドセン、ダリル・ハンナ、デヴィッド・キャラダイン、千葉真一、栗山千明

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。