『采配』 落合博満

球界を代表するガンダムファン

采配采配
(2011/11/17)
落合博満

商品詳細を見る


八年間に四度の優勝とドラゴンズ53年ぶりの日本一を達成した落合博満。その言葉から「仕事」に対する向き合い方、人生を闊歩するための秘訣を学ぶ
出版元がダイヤモンド社なので、監督生活の回顧というよりビジネスマン向けの自己啓発の体裁を取っている
スポーツ関係者の本はどうしても間に立つライターの存在を前提せざる得ないが、ぶっきらぼうで端的な言葉遣いはかなり原型を留めているように思える
野球から営業マン向けての提言も、本人が東芝府中で五年間勤めた経験があって、すこし感覚が古風なもののリアリティがあった
現役、監督ともに頂点を極めた人だけあって、基本的には「自分を救うのは自分だけ」という「強い個人」を求める“苦い良薬”である

投手力を中心とするオーソドックスな守りの野球してきた割に、いろいろ物議を醸してきた落合監督
最大の事件は、2007年の日本シリーズ、完全試合を目前にした山井降板だろうか
記録より勝利を優先した采配として賛否両論が渦巻いたが、本書では山井が4回でマメを潰し出血していたこと、右肩痛でCSを回避していたことから、森繁和ヘッドコーチが確認し岩瀬への交代を決めたとしている
浅尾というセットアッパーがいながら8回まで引っ張ったのは、山井の完全試合を願っていたからこそだ
完全試合の状況を引き継いで登板した岩瀬があまり評価されないことに憤慨しており、前人未到の300セーブに対する扱いの薄さもスポーツマスコミの退潮と嘆いている
監督一年目の開幕投手を川崎憲次郎に委ねたのは、怪我で苦しみ移籍以降、出番ゼロの投手にすらチャンスを与えることで、チーム全体の活性化を図るのが狙いだった
川崎憲次郎は2003年オールスターのネット投票で一位になった川崎祭の犠牲者(!)であり、管理人はそれに対するリアクションも含んでいると疑うが考えすぎだろうか

落合野球において欠かせないのが、投手について全権を任された森繁和コーチだろう
森コーチは、単にシーズン中の中心スタッフであるのみならず、自らドミニカに渡って選手のスカウトを行っていた
それはマキシモ・ネルソン、エドワード・バルデスなどの投手だけでなく、タイロン・ウッズの後釜であるトニー・ブランコの獲得までに関わっていたのだ
野手への指導はコーチに対しても自分の考えを優先させても、自分の及ばない範囲はその道の達人に任せきる。八年間、この関係が続けられるのもすごい話だ
メディアでは“オレ流”で報じられるものの、本書ではすべては堂々たる模倣であるであると喝破する。野球技術も「自分がいいと思うものを模倣し、反復練習で自分の形にしていく」ものであり、自己流のプライドは一流から遠ざかるとする
「大切なのは誰が最初に行ったかではなく、誰がその方法で成功を収めたかだ。」という言葉は、あらゆる分野で通用するはずだ
オリジナリティにこだわる意識は歴史への軽視と共通し、「歴史を学ばないということは、その世界や組織の衰退につががる」「歴史を学ぶことは、同じような失敗を繰り返さないことにもつながる」のだ


参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」
(2012/04/06)
森 繁和

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。