『一夢庵風流記』 隆慶一郎

いわずとしれた漫画『花の慶次』の原作がこれ。ブログのタイトルに使ったのにも関わらず、読んでなかったので、実家に帰ったときまず手をつけた

一夢庵風流記 (新潮文庫)一夢庵風流記 (新潮文庫)
(1991/09)
隆 慶一郎

商品詳細を見る


いや、面白い。最初は原哲夫の“慶次”がちらついてしまったが、彼が加賀を去るころには隆慶一郎の“慶次郎”がしっかり浮かんだ。一騎当千の武勇を誇りつつも、惚れた女の別れにはさめざめと泣く人間慶次郎
一番惚れたところは、敦賀城での大谷吉継とのやりとり。秀吉の女好きをからかう慶次郎に、吉継は天下人の思慮を語ってみせた。そこで慶次郎は政事に関する吉継との器の違いを知るのだ。物語のかなり早い内に、さりげなく主人公の限界を見せることでグッと慶次郎の人間性が見えてくる

「手前は所詮一匹の傾奇者にすぎぬようです」


慶次郎の数少ない敗北だが、ここで惚れた

物語はもちろん、暗いものではなく漫画に負けず痛快。連作の短編集のように細かい話が入っているけど、一編一編が言葉も紙数も限られていながら重い。対北条家や東北一揆の件も「えっ、これでここは終わっちゃうの?」と思ったが、その部分を最後まで読み終えると「だがそれがいい」と思えるのだ


前田利家が三枚目やっているのは、原作の小説からと初めて知った。そして夫人まつさんとは、驚きの展開。ああ、そこまでいっちゃうんだ(笑)
『花の慶次』の方じゃ、慶次の母と初恋の人を合わせたような存在だったけどね

命を狙う者たちが逆に慶次郎に惚れて味方にするとか、かなり打算の要素を加えないと無理な筋なんだけど、それが自然に見えてしまう慶次郎の“キャラクター力”は凄い
利家の息子利長に「まつを人質にやれ」と進言するところなど、一介の傾奇者を越えてしまってヤリスギに見える。が、考えれば彼にもいろいろ挫折があって、大谷吉継に突っ込まれる時点より人間が大きくなったわけで・・・。と、納得させられてしまうのだ
もう「だがそれがいい」の“だが”の部分もいらない

いや、『花の慶次』が好きな御仁は読まねばなりませぬぞ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。