【DVD】『人間の條件 第3部 望郷篇』

ヒロイック的主人公

人間の條件 第3部 望郷篇 [DVD]人間の條件 第3部 望郷篇 [DVD]
(2009/07/29)
仲代達矢、新珠三千代 他

商品詳細を見る


特殊工人の脱走問題で憲兵と揉めた梶(=仲代達矢)は、召集免除の特権を剥奪され関東軍に徴兵された。第七師団の宿舎では、上官、古参兵の猛烈なしごき、いじめが待っていた。梶はアカとみなされたが、持ち前の能力で日野准尉(=多々良純)から警戒されながらも認められる存在となる。しかし、同じ初年兵の小原(=田中邦衛)は、体質の悪さ、嫁姑の悩みからすべてに遅れをとり、古参兵からいじめの対象となって……

いよいよ軍隊編である
おなじみのビンタにはじまり、任務における連帯責任、役職よりメンコの数がものを言う、数十キロの装備を背負っての行軍、と『兵隊やくざ』でも見られたような日本陸軍の実態が取り上げられる
やや甘いように思えたのは、美千子(=新珠美千代)が訪ねてきた際に、風紀を乱すものと怒りつつも、倉庫で一夜を過ごさせること。当然、チョメチョメに及ぶわけで、古参兵がひがむのも無理はない(苦笑)
本作は当時の左翼思想にも触れていて、新城一等兵(=佐藤慶)「国境の向こうには人間が解放された約束の地がある」とまで言わせる。絶え間なく続く戦争と情報統制、閉鎖的な軍隊生活は外部への幻想を抱かせ、ユートピアを妄想させた
敗戦直後に共産主義が伸張した理由が良く分かる

新鮮だったのは、後半に出てくる陸軍病院の様子
患者である負傷兵たちにも軍の規律は貫かれていて、看護婦たちも同様。頂点にいる婦長(=原泉)は、勝手をする患者たちに容赦なくビンタを浴びせ、衛生兵の兵長にも上からモノを言う
陸軍病院にも、男女を問わない上下関係が存在したのである
小原の自殺に関して、梶は「古参兵だけでなく、軍隊そのもの問題」と突きつけるが、現代から見るとそれのみに留まらないだろう
軍隊的性質はブラック企業と過労死問題にも通じるし陰湿なしごき、いじめと自殺は体育会的な風潮として残っている


次作 【DVD】『人間の條件 戦雲編』
前作 【DVD】『人間の條件 激怒編』

人間の條件〈中〉 (岩波現代文庫)人間の條件〈中〉 (岩波現代文庫)
(2005/02/16)
五味川 純平

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。