【BD】『007 スカイフォール』

シルヴァが高山善廣に見える

007/スカイフォール [Blu-ray]007/スカイフォール [Blu-ray]
(2013/08/02)
ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム 他

商品詳細を見る


イスタンブールでターゲットを追跡中、ボンド(=ダニエル・クエイグ)は、M(=ジュディ・デンチ)の指示を受けたイヴ(=ナオミ・ハリス)の誤射で走行中の電車から転落、行方不明となった。ボンドの死を受けたMI6に対して、謎のハッカーが本部を爆破。MI6は存続の危機に立たされる。死にかけたボンドはアル中になりかけるも、組織のピンチにMの許に訪れ、再度ターゲットを追いかけ、上海へ。そこには同じく組織に殺されかけた男がいるのだった

ボンド50周年記念および、ジュディ・デンチがM役を降りるということで、前二作とは違う特別な作品となった
『カジノ・ロワイヤル』『慰めの報酬』にあった時系列のつながりは薄く、同じダニエル・クエイグでも若手から髭が白いロートルのボンドに変わっている
ただし、射撃の腕はアル中に鈍るという設定はあるものの、肉体派ボンドは健在。光と陰を使った影絵のようなアクションは映像美の極致である
Mの引退と重ねて民主主義下の諜報組織の存続が問われ、国境を越える非対称の敵、不確実性を増すテロとの戦いから、ヒューマン・インテリジェンスの大切さを訴えるテーマ性もある
その一方で、前二作にはなかった過去作からの引用に、古式ゆかしいダブルバレルショットガンなどの銃器、派手なカースタント、大爆発と、エンターテイメント性はたっぷり
続編として意識しなければ、充分楽しめる作品……と言いたいが、しょっぱい部分も目立つんだ

MI6の存続をかけた戦いのはずが、ボンドを引き立たせるためとはいえ、組織がショボすぎる
本部を爆破されるのもたいがいだし、一度シルヴァ(=ハビエル・バルデム)を捕まえておきながら、脱獄を許す杜撰さは許しがたい
てっきり、彼は使い捨ての中ボスだと思ってましたよ
はたしてこんな体たらくの組織を残していいのか、疑いたくなる内容である(苦笑)
もう少し高いレベルの攻防にしてくれないと、中身とテーマが乖離してしまうのだ
エンターテイメント重視の大味な展開も、過去作のリスペクトなのだが、現代で再現するならもう少しリアリティで装飾してもらいたかった
ボンド・ガール、セヴリン(=ベレニス・マーロウ)も登場が印象深い割りにあっけなく使い捨ててしまうのは勿体ないし、長尺がそのまま山の多さにつながってしまって、もう少しアイディアが欲しい
せっかく、名優の幕引きがあるんだから、硬派の世界観を保ってもらいたかった


関連記事 【DVD】『007 慰めの報酬』

007 製作50周年記念版 ブルーレイ BOX 〔初回生産限定〕 [Blu-ray]007 製作50周年記念版 ブルーレイ BOX 〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
(2012/10/19)
ショーン・コネリー、ジョージ・レーゼンビー 他

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。