【BD】『カイジ2 人生奪回ゲーム』

パチンコ屋がイカサマする映画に協力するパチンコメーカーって(笑)
さすが、高尾さんやで

カイジ2 人生奪回ゲーム [Blu-ray]カイジ2 人生奪回ゲーム [Blu-ray]
(2012/04/25)
藤原竜也、伊勢谷友介 他

商品詳細を見る


再び地下王国に落ちたカイジ(=藤原竜也)は、大槻班長(=松尾スズキ)のイカサマを見抜き、仲間を代表して娑婆へ出る。ホームレス支援の集会所で炊き出しをすすっているところ、転落した利根川(=香川照之)と出会い、レートの高い帝愛カジノを勧められた。そこのパチンコ区画では人生一発逆転を狙う坂崎(=生瀬勝久)石田さんの娘ひろみ(=吉高由里子)がいて、ともに一玉4000円の沼パチンコへ挑むことになる

漫画における破戒録、チンチロリン勝負から沼パチンコ編が中心のシリーズ二作目。漫画の展開からして、これが最終作であろう
チンチロリンは冒頭の五分で決着(!)して、ほとんどは沼パチンコを巡る一条との攻防である。福本伸行考案のオリジナルゲームとして「姫と奴隷」が中盤に入ってアクセントとなっていた
映画「人生逆転ゲーム」の続編扱いなので、天海祐希が演じた遠藤が出て来ず、代わりに失脚した利根川が助言者として、ヒロインとして石田さんの娘が加わって、漫画とは違う展開が待っている
パチンコメーカー高尾の全面協力による豪華な沼パチンコなどの派手な演出と、絶妙なBGMの挿入、でテンポよく進むが、この内容で2時間11分はやや長かっただろうか

藤原竜也のカイジは台詞が演説くさく、前作の貧乏さが薄くなっていたのが残念。伊勢谷友介の一条がいい感じに狂気じみていて、持ってかれてしまった
役者の実力を考えれば、普段着でやってもらったほうが良かった
生瀬勝久の坂崎は原作どおりの絵に描いたような関西人で嵌り、香川照之の利根川も映画の続編としては合っていていい策士ぶりを見せてくれた
石田ひろみが絡むことで映画オリジナルの展開を見せてくれたが、これは一長一短。ひろみの想いを表現するのに脚本が充分でなかった
もう少し回想シーンなど、編集次第で化ける映画だったと思う
まあ、全体的にはエンターテイメントとして悪くない出来だし、伊勢谷友介の怪演は磨きがかかっていて楽しい。ファンなら押さえるべき一本だろう


前作 【映画】『カイジ 人生逆転ゲーム』

関連記事 『賭博破戒録カイジ』 1~13巻

賭博破戒録カイジ 全13巻 完結コミックセット(ヤングマガジンコミックス)賭博破戒録カイジ 全13巻 完結コミックセット(ヤングマガジンコミックス)
(2010/01)
福本 伸行

商品詳細を見る

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。