『プロレス暗夜行路』 別冊宝島

マイナーだが、香ばしいネタが多かった

プロレス暗夜行路 (宝島SUGOI文庫 A へ 1-124)プロレス暗夜行路 (宝島SUGOI文庫 A へ 1-124)
(2010/03/05)
別冊宝島編集部

商品詳細を見る


三沢の死後、ノアでは社長の座を巡って、激しい権力闘争が繰り広げられた。小橋社長構想を掲げた百田光雄の意図とは?
本書は2009年初出で、三沢夫人を巻き込んだノアの暗闘を中心に、史上最悪のスキャンダル団体「WJ」の極秘資料ターザン山本の「ゴング編集長就任計画」、そして新日本プロレスの最高経営会議「月曜会」の議事録と、メジャー団体からどうでもいいことまで、別冊宝島らしいごった煮である
ネタ的には下流地帯とかぶるところも多くて、正直ショボいのだが、これほど細かい部分を照らそうとするムックも珍しかろう
最後の「女子プロレスの父」松永高司への追悼記事は読後に清涼感を感じたし、「平和の祭典」ルポ漫画も北朝鮮興行の実態を知る上で何気に貴重な証言だ

本書では『週刊大衆』に掲載された百田光雄の激白インタビューに対する反論として、彼の行動が批判されている
力道山の実子である百田光雄仲田龍統括本部長の対立は、三沢の生前から続いていた
2008年には、TBSの正月番組『スポーツマンNO.決定戦に、三沢、秋山、丸藤、健介が出場したが、TBSから百田は「三沢だけは絶対出場で、他の人選は任せる」で請け負っていたという
このとき三沢の体調は芳しくなく、仲田龍は断りの電話を入れていた
百田いわく、三沢自身が仲田の話を一蹴して出場したというが、結果、三沢はウォーミングアップもできないまま本番に臨み、参加選手中最下位の醜態をさらした
小橋社長構想にいたっては、仲田龍憎しから始まった動きであり、遺族への手回しもせぬまま一蹴されてしまった
そうした百田に追随するレスラーもおらず、現役最年長記録(ラッシャー木村の61歳10ヶ月)の更新もするリングがあるか分からない
もっとも本書はノアの田上社長就任には、将来の丸藤社長構想があるにしても、策がないとも批判している
新日本プロレスなどで進む経営と選手の分離が行われず、レスラーが社長に就任しては、ブックに選手が公然と介入して変更するなど悪風の解消にはつながらないと言うのだ
果たして箱舟はどこへ行く

プロレス史的には、新日本最高経営会議「月曜会」の議事録が興味深い
「月曜会」には、新日本プロレスの役員のみならず、テレビ朝日から会長、スポーツ局長以下数名が出席し、経営に介入していた
ゴールデンから夕方へ放送時間が変更され、生中継ができなくなる中、東京ドームでソ連代表を迎え入れての興行(レッドブル軍団)が企画されて、テレビ依存から大型イベント中心への路線転換が模索される
そうした大型興行での決算もしっかり追及されるほか、外国人選手の演出(機材の破壊)にもクレームが入り、会議の中身はいわゆる猪木独裁とはほど遠い
猪木と猪木事務所を止められなくなるのは、深夜放送が定番となり、ビッグマッチ路線に興行形態を変えてからなのだろう

悲しいほどどうでもいいのは、ゴング編集長就任を巡って行われたターザン山本と元出版社社長の前田大作の会談だろう。前田の経営していた出版社は『週刊ゴング』の版元の「日本スポーツ出版社」である
70分ほどの録音テープから書き起こされた会話は、金に困った男がターザン山本を引き込んでさらに金を借りようとしている、というだけだ
ただ、借金男が渾身の一芝居を打つ様は、まるで犯罪小説の一場面のようなドラマがある
なぜ、ターザンが見え見えの芝居に僅かでも乗る気になったか。宝島の取材に答えるには、プロレスがエンターテイメントであることを前提に裏側を暴露する誌面を作りたかったからだそうで、プロレスマスコミ関係者にも腹を割らせて書かせたかったという
予定されたスタッフの実力不足を指摘されると、「君は、プロレスライターの筆力をなんだと思っているんだ。この業界に筆力のある奴なんていないんだよ」と見も蓋もない返しで腹を抱えてしまった
このほか、WJの出資者を募るための「設立企画書」も抱腹絶倒だが、それは割愛させてもらおう。ヒクソン召集に、総合格闘の交流って、なにがやりたかったんだコラ(笑)


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。