『日本人の阿闍世コンプレックス』 小此木啓吾

山本七平の解説も秀逸

日本人の阿闍世コンプレックス (1982年) (中公文庫)日本人の阿闍世コンプレックス (1982年) (中公文庫)
(1982/04)
小此木 啓吾

商品詳細を見る


日本人の精神をエディプス・コンプレックスで説明できるのか。母性社会の原型として阿闍世コンプレックスを提示し、日本人の深層に潜む心性を紐解く
阿闍世コンプレックスはもともと、著者の師である古沢平作が戦前に発表したもので、もう一つの罪悪意識としてフロイトにも意見を求めていた
エディプス・コンプレックスは子どもが父に母を盗られる嫉妬から「父親殺し」の衝動を持ち、それを克服することが課題となる
しかし、日本には欧米ほど殺しの対象となる“父”はおらず空転する
そこで阿闍世コンプレックスは母親とのつながりを重視する。望まれずに生まれてたのではないかという「未生怨」に端を発する「母親殺し」の衝動をもつことを言い、その母親を許せることを課題とする
本書ではこの阿闍世コンプレックスから、戦後の日本社会で起きる軋轢の所以を解いていく
なにぶん1982年の文庫本なので、ミクロの人間関係では通り過ぎた課題もあるが、日本人論、日本社会論など抽象的な議論は今なお鋭さを失わない

明治以来、欧米に倣った近代化を行ったがゆえに、欧米社会との違いを否定的に扱われてきた
下手すると欧米直輸入の学問が通用しないのは、日本型社会に問題があるという本末転倒の議論も行われた
『「甘え」の構造』が出版されると、著者・土居健郎の意図に反して「甘え=日本社会の問題」として出版社が宣伝してしまうこともあったという
日本社会は表向きは西洋型の近代化をなしとげたことになっているので、エイディプス・コンプレックスを安易に動員しがちだが、根底が母性社会であるから解決にはつながらない
「阿闍世コンプレックス」とは、仏典にある阿闍世(アシャータシャトル)の物語にヒントを得たものだ

阿闍世の母である王妃は、占い師から「裏山の仙人が3年後に夫人の子どもとして生まれ変わる」という予言を聞く。王の寵愛がなくなるのを恐れた王妃は、三年を待てずに仙人を殺し、阿闍世をみごもった。しかし、仙人の呪いが恐ろしくなった王妃は、子どもを高い塔から産み落とす。阿闍世は長じてこの事実を知り、母を殺そうとする。それを思いとどまった彼は、今度はその罪悪感から悪病に苦しむ。悪臭を放つわが子にかつて殺そうとした母親が看病し、阿闍世は母の苦悩を理解して許しあう

厳父から罰せられることではなく、慈母に許されることから、罪の意識が生じるのがポイントで、自分が犠牲を払うことで相手の罪悪感を誘う日本人特有の「道徳的マゾヒズム」(フロイト心理学用語)の原点にも思える
ただし、この「阿闍世コンプレックス」には大きな瑕疵があった
古沢-小此木が提示した阿闍世の物語が原典と違い、本来は父殺しの物語であることだ。このことは最終章において告白されていて、著者自身の意図的な追加も白状されている。元が大陸の仏典なので、母型社会の原型を引き出すには無理が生じるのだろう
神話から類型を引き出して議論を補強することには失敗しているが、創作された「阿闍世コンプレックス」こそ女性の自我を捉えて現代の神話に相応しい

著者によると、明治以来の日本社会の問題は、母性社会にも関わらず父性社会の制度を受けいれざる得ない軋轢にある
教育は欧米流を志向するから、優等生であるほど父性社会的に自分を創る。そうした人間が実社会の「持ちつ持たれつ」にさらされると、拒否反応を起こす。部下として優秀でありながら、上司としては不適格者として弾かれる
その一方で、個人主義の浸透から母性社会が脅かされていて、国際環境でいえば母性社会の原理が通用するのは国内だけという現状もあり、海外の流儀をある程度受容しながら病気にならない自我の在り様を探らねばならない
これ以上ない難題だが、少なくとも日本人の原型を知ることなしに、その境地にたどり着けないだろう


「甘え」の構造 [増補普及版]「甘え」の構造 [増補普及版]
(2007/05/15)
土居 健郎

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。