【BD】『ロッキー』

特典映像はなし

ロッキー [Blu-ray]ロッキー [Blu-ray]
(2010/12/03)
シルベスター・スタローン、タリア・シャイア 他

商品詳細を見る


フィラデルフィアに住むロッキー・バルボア(=シルヴェスター・スタローンは、素質を持っていながら三流ボクサーに甘んじていた。極貧の生活のなか、ギャングの取立を請け負って日銭を稼ぐ始末だったが、ペットショップに勤めるエイドリアン(=タリア・シャイア)と付き合い始めてから、一転、世界チャンピオンのアポロ(=カール・ウェザース)と戦う夢の話が降りてくる

やっぱ、ええわ
アメリカの映画史において、アメリカン・ニューシネマを終わらせた作品として有名だけど、作品内でもそういう流れがある
エイドリアンと結ばれるまでの前半は、ロッキーも地を這い続ける
路上に群れる若者の中ではヒーローながら、ギャングの片棒を担ぐ“クズであり、ミッキー(=バージェス・メレディス)に愛想をつかされるほどくすぶっている
低予算もあってか、貧乏で荒れた生活が決まりすぎて芸術作品のようだ。なにせ、ペットが亀と金魚なのだ
しかし、世界チャンピオンとの戦いが決まった後、フィラデルフィア美術館で両手を突き上げる有名な練習のシーンで、ロッキーのテーマが流れて陰鬱な空気は一気に吹き飛ぶ
まさに作品のなかで歴史が動いた、と言いたくなる

改めて見直してみて気づいたのは、エイドリアンもまた負け組に属していたことだ
彼女は内気で人見知りの激しく、30近いのにボーイフレンドがいないペットショップの店員であり、ウーマン・リヴ後の理想である「強い女性」には程遠い
世の中の流れに乗れなかった女性なのだ
うだつの上がらぬ兄を持つイタリア系で、経済的にもかなり苦しい位置にいる
口説かれ方は強引かもしれないが、居場所を見つけた彼女の豹変ぶりが見所で、職歴から動物を飼うのはお手の物だ

端役の魅力も歳をとると分かってくる
世界戦が決まってからミッキーがロッキーにマネージャーを申し出るのだけど、当初は金に目がくらんだように見える(笑)
ロッキーがその部分に敏感になって断るが、ミッキーは説得しようとする内に自分のロッキーに対する想いみたいなものが高まっていく
今度はロッキーがそんなに思ってたならもっと前に助けてくれ、と思いの丈を吐き、和解にいたる。
夜道で握手する場面で、電車が右上を通過するのがたまらない。演出が細かいのだ
イタリア系俳優を集めた映画なのに、ポーリー(=バート・ヤング)のようなヘタレ男をちゃんと描くのもエラいよ

ラストは判定中に再戦を聞かれて答えず、有名な「エイドリア~ン」を叫んで抱き合っているところでエンドするけれども、これは勝負や名声より俺の嫁、家族を大事にするという宣言だろう
モデルのモハメド・アリ対チャック・ウェプナー戦を引いて、最終ラウンドに互いに「もう、おまえとはやらない」と言わせている
両者に再戦を拒否させていたのに、長期シリーズになってしまうのだから皮肉なもんだ



ロッキー・ベストロッキー・ベスト
(2005/02/23)
映画主題歌、サバイバー 他

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。