『ヒストリエ』 第1巻 岩明均

有名どころも押さえていきます

ヒストリエ(1) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(1) (アフタヌーンKC)
(2004/10/22)
岩明 均

商品詳細を見る


前から気になったので読んでみた
時代は古代ギリシアの末、マケドニアとアテネが覇権を争っている頃で、主人公はカルディアの市民として生まれたエウメネスという人物
第一巻は背景世界や登場人物の振りに終始しているので、作品がどう転がるか見当がつかないが、エウメネス自体はヘレニズム時代に実在した重要人物
最初はマケドニア王家に書記官として仕えるが、アレクサンダーの遠征には騎兵隊長に任じられ、その死後のディアドゴイ戦争(後継者戦争)では、キーパーソンの一人となる
一巻目ではとりあえず、本好きの少年として描かれている

岩明均というと『寄生獣』でその作風をゆえか、普通の歴史物とは一味違う
進行そのものは普通というか、ぎこちないのだが、冒頭の拷問のようにグロ表現については妥協がない
特にグロを出すために展開をいじるわけではなく、自然と「この時代ならこういうことはあるよね」という出し方なのだが、その描写が日常の延長として無造作、ノーモーションなのである
このセンスはホラー物を発祥とするからこそであり、古代の一寸先に血と死があるという臨場感が表現されている

と、同時に最近の歴史物に比べ、人物の動かし方に違和感が残った
豪傑風のアンティゴノスなどは横山光輝のようなテンポで動く。セリフ回しも何かおかしい
これは作品が固まっていないからなのか、はたして既存のお芝居を拒否する意図なのか
古代ギリシアで横山三国志感はかなり妙だ。しかし、この懐かしい感覚は楽しい
背景の白さも書けるアシスタントがいないのかと気になってしまうもの(苦笑)、2012年の手塚治虫文化賞をもらっているシリーズである
追いかけよう


前巻 『ヒストリエ』 第2巻・第3巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。