ぶらり橿原・飛鳥の旅 その3 石舞台古墳

飛鳥寺からさらに南にいくと、明日香民俗資料館の横に亀型石造物酒船石がある

亀型石造物

モノホンだが、地味だ(苦笑)
前の小判型の器に水を貯め、亀型(丸いほう)に上澄みを流す仕組みになっている
現地のガイドによると諸説あって、宴会場、祭祀場だとも言われる
なぜ、亀型かというと、亀の顔と手が円外に彫られているから。中国由来で正確にはスッポンという話も
わざわざ上澄みの水を使うのだから、儀式の前の沐浴に使った気がするな
これのみで300円取られてしまうが、遺跡発掘、維持のためだと思っておこう

酒船石

こちらは無料で見られる酒船石。丘の上にある
左右が城の石垣を作るために削られていて小さくなってはいるものの、全長3.4mほどの岩を削っている
当初は酒造りのためと言われたが、お酒を造るのにここまで手間をかけるのが謎で、どっかのテレビでやっていたように笹舟を流して占いに用いたのが正解な気がする


自転車を返す期限の五時が迫っているので、急いで石舞台古墳まで

石舞台古墳

蘇我馬子が埋葬されたとも言われる石舞台古墳は、石と石の間に隙間が開いていて、中を見下ろせる

石舞台古墳入り口

入り口から入ってみると、想像以上に深い!
外から見たイメージより地下部分が深くて、一人の墓としてはかなり豪勢なものとうかがわせる
入り口付近にも巨石で固められた通路になっているので、相当な労力が払われていることは間違いない

石舞台古墳の景色

石舞台古墳には石舞台しかないけど、周囲が広大に開けている
京都は盆地だけど家々で詰まってしまっているけれども、明日香はほんとに空間の広さを感じた
飛鳥と平安京じゃ、人間の世界観もだいぶ違ったことだろう。奈良には京都にない魅力があるよ

亀石

帰り際に摂った亀石
資料館にレプリカがあったけど、本物もさほど変わらんね
水利権の争いの末、池の水が抜かれすぎてたくさんの亀が死んでしまったことから、住人が哀れんで作ったそうな


前 ぶらり橿原・飛鳥の旅 その2 飛鳥寺
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。