『グーグル明解検索術』 別冊宝島編集部

アクセス対策には……ならんか


グーグル明解検索術 (宝島社新書)グーグル明解検索術 (宝島社新書)
(2006/04/27)
別冊宝島編集部

商品詳細を見る


インターネットの時代で必要なのは、目的の情報を引きだす「検索力」だ!ということで、検索エンジン最大手「グーグル」の機能を活用するハウツー本
買ったはいいが大したもんじゃないと、積読の底に置いていたけど、読んでみるとそうでもない
中に書いてあることは、それこそググれば分かることかもしれないが、そもそも何ができるかを知らないと検索しようがないのだ
グーグルのあのシンプルなHOME画面から、こんなに多様な機能があるとは想像しがたいし、アナログ人間にはこういう軽いカタログがあったほうが分かりが早い
「そんなの使っていくうちに分かるだろう」というレベルの記事もあって(枚数稼ぎだろうか)ノウハウは期待できないものの、知らなきゃ使わないコマンドなども教えてくれるのでいざという時に役に立ちそうだ
読み終わったら、即ブックオフだろ、と思っていたが、手元に置いておこう

ただし検索される側のSEOという点では、物足りない
いちおう検索上位になる指標の一つとして、他のサイトからのリンク数が強調されているので、それがヒントになるぐらいだろうか
Readerのオススメサイトをみると、たいがい、そのジャンルの有名ブロガー同士でリンクしていて、グーグルの志向がグループ化を促進しているといえる
まあ、本書はあくまで使用者側からの活用をテーマにしていて、SEO対策は自分でググれというわけだ

最後の章に、グーグル以外の検索エンジン、便利サイトが紹介されている
なかでも驚いたのは、世界最大のインターネット図書館「Wayback Machine」の存在
なんと、1996年からインターネット上にある100億以上のホームページ(正確には850億以上!)をデータを保管していて、たとえ消されたとしてもここで検索することで見ることができるのだ
キャッシュだと画像が見られないことが多いが、これなら大丈夫というわけだ
逆に考えると一回ネットに上がったものは、ユーザーが拡散保存することを含めて消えないわけで、「忘れられる権利」など机上の空論というわけですな。あな、おそろしや


関連サイト Wayback Machine(インターネット図書館)
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。