『商店街はなぜ滅びるのか 社会・政治・経済史から探る再生の道』 新雅史

評判になる店もあるけれど

商店街はなぜ滅びるのか 社会・政治・経済史から探る再生の道 (光文社新書)商店街はなぜ滅びるのか 社会・政治・経済史から探る再生の道 (光文社新書)
(2012/05/17)
新 雅史

商品詳細を見る


かつてにぎわった商店街がなぜ、シャッター街へと変貌してしまったのか。商店街が成立した歴史、背景をたどり、その衰亡の原因を探る
現在ある商店街は自然発生的な「伝統」ではなく、戦前から政府が政策的に誘導した作られたものであることを解き明かすことから始まり、高度成長期に興隆し円高不況後に失速していく理由を追っている
本書が妙なのは、本書の内容と著者の訴えたいことがズレていることだ
著者は震災後の支援活動から商店街がコミュニティとしての可能性を持っているとして、衰亡の原因を正すことで商店街が生まれ変わる道を模索するスタンス
しかし、本書の中で商店街がいかに政策誘導で成立したものかを誠実に説明しているがゆえに、時代が変わって消滅するのも止む得ない存在にしか見えず、商店街へのレクイエムとして読めてしまうのだ
商店街新生という視点では「規制行政」という概念に留まるのは残念だが、サラリーマン中心に見られがちな戦後の経済を自営業から取り上げた点で貴重な通史といえよう

そもそも商店街は、戦前に農業従事者が都市に出て工業労働者になだれ込むのを防ぐため、政策的に作られたものだった
工業企業が直接採用を始め、就労の年齢制限が強まるとともに農業従事者の都市部での就職が困難となり、都市で小売業を営む者が急増した
しかし、素人が起業は当然ながら失敗が多く、社会不安の火種になると考えられた
そこで1900年に登場した百貨店をヒントに、高層ではなく地域に広げる「横の百貨店として商店街が構想される。各商店が集まるバリエーションとともに、専門店同士で連帯しサービスを向上させる場とされた
戦後になると、製造業による工業立国が目指され、そのために政府は商店街の保護に乗り出す
零細の小売業を安定させることで、農村から出た若者を工場労働者に誘導し人材の供給源とするためだ
この保護政策には後の大店法などによる百貨店、大型ショッピングモールの規制があり、流通革命を謳う中内ダイエーらともスーパーマーケットを巡って熾烈な政治闘争が繰り広げられた
こうした高度成長のための保護政策は商店街の存在意義を見失わせるきっかけとなり、低成長時代になると既得権と指弾されるようになる

商店街の崩壊はまず、コンビニから始まった
規制で中規模店舗すら展開に苦労した販売大手は、小売業をコンビニ鞍替えさせることで商店街への進出を目指した
なぜ、小売業はコンビニに移ったのか。跡継ぎ問題である
戦前の小売業は江戸以来の商店のように奉公人に継がせていたが、戦後にかけて「近代家族」の家業として捉えられ、後継者を自分の血族に限るようになった
そうした内部の崩壊とともに、政策的にはサラリーマン中心の福祉構想「日本型福祉社会論」が展開され小売業は構想から除外され、経済成長の主役は企業に勤めるリーマンで小売業はそれを阻む既得権とみなされるようになった
さらに、プラザ合意後に大規模な公共事業で地方にコンクリが投じられ、高度成長を見込んだ工業用地が作られ、そのアテが外れた後に商業用地に変更されて、そこには自動車を前提にしたショッピングモールが立ち並んだ
いわば、地方の経済を救済する公共事業が地方の商店街を潰す墓堀人になるという悲劇を超えた喜劇が起きてしまったのだ

本書では、こうした商店街を巡る状況を社会、政策、経済、国際環境といって様々な側面から見せてくれる
正直言って、一度潰れた商店街がそのまま蘇るのは難しいと思う
しかし、すべての人間がリーマンとなることを前提とし、あとははぐれ者とする社会がいいとは思えない
大企業だって最初は小さかったわけだし、今をときめく全国チェーンも一つの店から始まったはずだ
流行りのノマドだって要は自営なわけだし、新しい芽が出る場所を設けておくのは大事だと思う
ただ経済性とコミュニティを両立させるとなると、これは至難の業だろうなあ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。