【DVD】『アレクサンドリア』

『アメリカ物語』の代わりに借りたものが

アレクサンドリア [DVD]アレクサンドリア [DVD]
(2011/09/09)
レイチェル・ワイズ、マックス・ミンゲラ 他

商品詳細を見る


四世紀、テオドシウス帝統治下のアレクサンドリアでは、エジプト古来の宗教とキリスト教の間で対立が起きていた。アレクサンドリア図書館長の娘ヒュパティア(=レイチェル・ワイズ)は、優れた哲学者、研究者として知られ、その美貌に生徒オレステス(=オスカー・アイザック)や奴隷ダオス(=マックス・ミンゲラ)から慕われていた。しかし、キリスト教徒がエジプトの神を侮辱したことから、暴動が発生し図書館は略奪を受けるのだった

うひょお~、ブログタイトルのアレクサンドリア図書館がもろに舞台じゃないか!!
エジプトのアレクサンドリアは、アレクサンダーの時代からローマ帝政末期までオリエントの英知が結集した学園都市であり、その図書館には古代の学者たちが編んできた万巻の書が積まれていた
主役のヒュパティアは、実在した最後の図書館長の娘であり、キリスト教徒から異教徒として睨まれながらも、最後まで哲学者の信念を守り抜いた人物で、その死はアレクサンドリアの終焉を意味したと言われる
いかなる研究をしていたか書物が遺失して知られていないそうだが、映画のなかでは、天文学を追求し地動説の証明に全力を注ぐ女性として描かれる
映像演出でも、冒頭が宇宙から見た地球で始まり、要所で地球のカットや衛星写真のように真上から人々を見下ろしたカットが入れられていて、宇宙の真実に比べ人間の行いの卑小さが強調されている

この映画ではキリスト教徒が悪役
従順なキリスト教徒の皇帝を背景に、異教徒やユダヤ人を追い出しアレクサンドリアを一元支配していく光景が映画を通して描かれる
暴動の殺戮や死体を運ぶ描写などかなり残酷な描写があり、ユダヤ人の死体を焼くシーンなどはナチスのホロコーストを連想させる。苦手な人は注意して欲しい
しかしながら、相手役の男の一人には奴隷のダボスがあてられていて、ローマの身分社会では虐げられ人たちが救いを求めて、キリスト教に殺到する様子が分かる
ローマ社会では奴隷の彼が、“キリストの兵士”となれば敬虔な人間として認められるのだ。ヒロインに要所で「奴隷は引っ込んでいろ」的なことを言わせて、階級対立の根深さを示している
とはいえ、宗教を巡る暴動の有様は、ムバラク政権倒壊後のエジプトなどを連想させて唖然とした
「我々が愚かだった。我々は変わったと思っていた」という台詞は、現代に突きつけられた警句といえるだろう

WIKIで制作費と興行収入を見て笑ってしまった。大赤字じゃないですか(苦笑)
こんなマイナーなテーマなのに、セットがあまりに豪華すぎるからおかしいと思ったのだ。CGもずいぶん目立たないから、かなりの部分をぜいたくにアナログを使っているはずだ
そのおかげで細部まで忠実に当時の生活習慣が再現されているのだから、歴史ファンとしてはあり難い蕩尽である
アレクサンドリアに直接の興味はなくとも、『ローマ人の物語』が好きな人ならば、間違いなく感涙ものだろう
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。