『最強伝説黒沢』 第5巻・第6巻 福本伸行

一度死ぬ… 死んでもいいと……腹に落とし… その後に甲冑……鎧をまとうんだ……!

最強伝説黒沢 5 (ビッグコミックス)最強伝説黒沢 5 (ビッグコミックス)
(2004/11/30)
福本 伸行

商品詳細を見る

最強伝説黒沢 6 (ビッグコミックス)最強伝説黒沢 6 (ビッグコミックス)
(2005/05/30)
福本 伸行

商品詳細を見る


ついにスーパー中学生・中根との一騎打ちに決着!
中根はその無茶振りを恐れ、黒沢は一転、凱旋将軍のように扱われる。その決闘で生まれた“伝説から、根も葉もない風説として膨らみ、周囲の誤解を生んでいく
第5巻はその悲喜こもごものドタバタが中心で、不登校児の親子とか、作者がデビュー当時に描いていたベタな人情ドラマが展開されていく
その一方で、人と人の認識が微妙にずれていくところをシビアに捉えていて、“伝説”を背負ってしまった黒沢は、職場の同僚との間にさらに距離が開いていく
この人情ドラマとその後の落差に、作者が好きなことと、作品として描かねばならないことのギャップを感じさせる
ようやく、タイトルにふさわしい、黒沢の“最強伝説が始まってしまった巻といえる

中根はふたたび黒沢の前に姿を現す
第6巻では、連れの女性に陥落した黒沢が、中根の誘いに乗り生まれて初めてのリゾートを満喫する
中根はスポーツ万能でありながら、外国語も使え金も何百万と扱ってしまう人間
持って生まれたものが違う。黒沢はその圧倒的な格差の前に愕然とする
黒沢が女性の前で見せてしまう醜態は、まさに砂漠の青春を味わってきた人間が見知らぬジャングルに放り込まれたゆえの混乱である
マンガではギャグになっているが、非モテ生活を送ってきた人間が、いきなり合コンに放り込まれたときに直面する、痛いほどの現実ではないか(笑)
しかし、身近な職場の同僚より、日本の中でもっとも格差のある人間同士が、自身の悩みを打ち明け合うというところに、人間の不思議さと救いがある
ここまで中年の暗黒を、見も蓋もなくさらけだすマンガが他にあっただろうか。よく連載が続いたもんだ


前回 『最強伝説黒沢』 第3巻・第4巻
次回 『最強伝説黒沢』 第7巻・第8巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。