【DVD】『コードギアス 反逆のルルーシュ』 第23話~第25話

一貫したピカレスク・ロマンとして評価できる

コードギアス 反逆のルルーシュ volume09 (最終巻) [DVD]コードギアス 反逆のルルーシュ volume09 (最終巻) [DVD]
(2007/09/25)
福山潤、櫻井孝宏 他

商品詳細を見る


<第23話 せめて哀しみとともに>

ギアスで起こった虐殺から、「黒の騎士団」が動き出した。政治集団「キョウト」をも傘下に収めたルルーシュはユーフェミアを射殺し、高らかに「合衆国ニッポン」を宣言。日本人の集団を引き連れて、東京租界へと向かうのだった

合衆国ニッポンという言葉で、ルルーシュの政治的信条は明確になった
『愛と情熱のファシズム』の主人公鈴原冬二に近く、よりアメリカたることでアメリカを超えようというわけだ。作品世界に天皇が出てこないのは、菊のタブーであると同時に、共和制への志向を示すものといえる
史観も石原慎太郎なら、信条も石原慎太郎だったわけで首尾一貫している
ただ、「キョウト」の当主スメラギ・カグヤという少女がいて、彼女に対するルルーシュの態度は保留されているので、天皇制を否定するかまでは分からない
「合衆国」という言葉を使うことで、ブリタニアを大英帝国に見立てた独立戦争のイメージを作ったのは、歴史資源の上手い使い方だと思う


<第24話 崩落のステージ>

東京租界を守るブリタニア軍に対し、ルルーシュは外縁部のビルを倒壊させて混乱させた。租界に侵入した「黒の騎士団」は放送局とアッシュフォード学園を占拠し、政庁も包囲する。ルルーシュはガウェインを駆って政庁の庭園に侵入、コーネリアに一騎打ちを挑まれる

クライマックスに入ったからか、オープニングが浅倉大輔の曲に変わった
ブリタニア軍に対するルルーシュの秘策は、地形から揺さぶる三国志的計略!
ユーフェミアを殺したことで吹っ切れたのか、贅沢にギアスを使っていく
ナイトメアの操縦が下手という欠点をしっかり残して、緻密な謀略で勝つ。悪漢ぶりを最初からここまで通したのは大したもんだ


<第25話 ゼロ>

コーネリアにギアスをかけても母を殺した犯人は分からなかった。C.C.の感知によりナナリーがさらわれたことを知ったルルーシュは、騎士団の指揮をそっちのけで神根島へと向かう。強化ジェレミアの相手をC.C.に委ね、古代遺跡に入ったルルーシュだがスザクに追いつかれて・・・

ルルーシュは革命家失格に終わった
革命の志が一個人の心情から始まるものであっても、それを優先していいわけがない。自身がその身命を捧げることは最低条件のはずなのだ
それでも、視聴者としては失格でホッとするところもある。人間味の欠片もない主人公など面白くない
ちゃんと革命家としてピリオドと打ってくれた点は、『愛と情熱のファシズム』より評価できるだろう
ナナリーがV.V.(ブイツー)に連れて行かれるところはご都合で、島への移動手段など光の翼でも持っているのかと突っ込みたくなるが(笑)、こういうオカルト要素が作品の潤滑油なので生温かく見守ろう

C.C.の存在も核心の部分は語られず、ラストも多くの謎の残した
直接的には第二部への引きではあるけれど、登場人物、設定の多さは元から続編を想定していたと思われるので、R2もネタに困ることはなさそうだ
放送の時間帯が日曜午後5時に移ったことで、表現に鋭さがなくならないか心配だが


前巻 【DVD】『コードギアス 反逆のルルーシュ』 第20話~第22話

関連記事 『愛と情熱のファシズム』 上巻
     愛と情熱の戦後 『コードギアス 反逆のルルーシュ』のまとめ

村上龍の小説にも「ゼロ」っていう登場人物がいるのね
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。