2012年下半期の人気記事ランキング

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

今年最初の記事は例年どおり、去年下半期の人気記事ランキングから
グーグルアナライズからページビュー順に、当ブログの人気記事を並べてみる


一位 『機動戦士ガンダムUC 10 虹の彼方に』 100p
下半期もこの記事が一位だが、PVは上半期からさらに半減!
OVAも佳境に差し掛かってきたが、そこまで追いかけてしまった人は結末を知りたくないのだろう
小説は尻切れ気味だったから、OVAで真EDが分かる…なんてこともあったりして

二位 『HUNTER×HUNRER』 28・29・30巻 97p
2011年7月に一年半ぶりに28巻が出て、2013年に映画公開ということで注目度が増したようだ
単純に新しい巻でかつ、人の感想が気になる種類の漫画にアクセスが集まったということだろう

三位 【週刊文春】『大人が読むべき漫画ランキング』 81p
上半期に続いて三位
週刊誌は一週間で店頭から消えてしまうのだから、ネットで情報として残す意義は大きいと思う
もちろん、著作権の問題があって、なんでも晒せばいいというわけではないが

四位 『陸軍中野学校 終戦秘史』 75p
終戦の八月が下半期に入るから、アクセスは上半期の倍あった
昔の本にしか書かれていないこともある

五位 『天 天和通りの快男児』 通夜編(第16~18巻) 74p
最近の漫画ならずとも、名作の名場面はみんなの記憶に残るのか
この記事のランクインはうれしい

六位 『全体主義の起源 3 全体主義』 73p
順位は下がったけど、PVはじわりと増えていた
お値段が張るし、なかなか手の出せない本の内容をネットで確かめておきたい、ということもあるのかも

七位 【DVD】『闇金の帝王 銀と金 3』 54p
これも順位が下がったけど、じわりと増えている
レビューする人が少ないのか

八位 『HUNTER×HUNRER』 20巻 32p

九位 【DVD】『闇金の帝王 銀と金 5 相続殺人』 31p

九位 『サムスン栄えて不幸になる韓国経済』 31p

今年書いた本の記事がようやく九位に入った
著者が人気のブロガーだけに、ネットで評判を確認しようとする人が多いのだろう


十一位 【DVD】『闇金の帝王 銀と金 6 戦慄の罠』 30p

十二位 【政治】『銀と金』から小沢一郎を振り返る 29p
本や漫画よりこっちのがマシなんだ
記事タイトルってのは大事だなあ

十三位 【DVD】『闇金の帝王 銀と金 7 裏競馬地獄』 27p

十四位 『池田屋事件の研究』 26p
著者ご本人のツイッターでご紹介して頂いたようで、たいへん恐縮(汗
筆者と読者をダイレクトにつなげてしまうのが、ネットの怖さであり醍醐味でもある
視線を気にして提灯記事を書くのもつまらないので、身勝手な一読者としてこれからも感想を書いていきます(滝汗

十五位 【DVD】『闇金の帝王 銀と金 4 地獄の裏麻雀』 23p

十五位 『徹底検証 日清・日露戦争』 23p
たぬき親父さんのブログで推して頂きました
日露戦争は『坂の上の雲』が正史のように認識されがちだが、刊行後40年経って判明した事実はたくさんあるので、司馬ファンなればこそ一度確かめてみるべし


過疎気味には違いないが、地味に増えていたのが嬉しかった
11月からツイッターを始めていて、それが劇的にアクセスに影響・・・することはなかったようだが(苦笑)、ブログを知ってもらうキッカケが増えるのは確かなので、これからも続けて行きたい
ブログデザインも直したように、まだまだ改善できる部分はたくさんある
ただの釣り記事にならないように気をつけて、時事ネタにも触れてみたいと思う
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。