【DVD】『コードギアス 反逆のルルーシュ』 第14話~第16話

まさかのマオ三連発

コードギアス 反逆のルルーシュ volume 06 [DVD]コードギアス 反逆のルルーシュ volume 06 [DVD]
(2007/06/22)
福山潤、 他

商品詳細を見る


<第14話 ギアス対ギアス>

ルルーシュをゼロだと知ってしまったシャーリーは、成田連山でマオという男に会う。彼もまたC.C.と契約したギアスの持ち主で、彼女を奪ったとルルーシュに嫉妬していた。シャーリーを使った卑劣な罠にどう立ち向かう!?

シャーリーとの関係に決着をつける回となった
場合によっては学園から出る展開も予想されたが、あくまで高校生としての身分を置いたまま続けられるケリのつけ方だった
C.C.の「本当に失いたくないものは遠ざけるべき」という忠告に沿った答えであるものの、大事な人間にギアスを振るってしまったという意味で一線を越えてしまった
締めのシーンは泣けるねえ


<第15話 喝采のマオ>

C.C.がマオにギアスを与えたことに憤るルルーシュ。C.C.はマオをおびき寄せるために、ルルーシュのもとを離れた。無人の遊園地でマオはC.C.が死なないのをいいことにサイコパスぶりを発揮する。500m半径の心を読むギアスをどう破る?

頭脳戦を得意とするルルーシュに、人の心が読めるマオは天敵に等しい。できれば始末しておきたい存在だ
単独行動しかできないマオの弱点を見抜いた逆転劇はお見事である
生徒会長ミレイがアッシュフォード家の人間として、ルルーシュが王子であることを知っていたり(ゼロであることは知らない)地味に伏線を張られている
おっと、シャーリーに撃たれたブリタニア女軍人ヴィレッタが、黒の騎士団の扇に保護されていたな。どう使うんだ?


<第16話 囚われのナナリー>

遊園地で撃ち殺されたはずのマオが生きていた!今度はナナリーを人質にとり、ルルーシュを振り回す。ナナリーを助けるため必敗のチェスゲームに挑むが…
ミレイのお見合いの相手があの人とはねえ。それで前回、急に伯爵になったんだな

またおまえか、という回(苦笑)
おそらく、二期の放映が決まったから引き伸ばす必要があったのだろう
しかし、引き伸ばしにしては魅せる駆け引きになってるじゃないか。こういうギアスの使い方が一度きりしかできないのに、思い切ったカードを切ったもんだ

ただ、明かされたスザクの過去については違和感がある
日本の権力構造からして、トップを始末すれば本土決戦を回避できるということにはならない。むしろ、政治的空白ができて決戦必至となるのが必定だ
この作品の日本は記号、触媒に過ぎず、ここから本当の歴史と重ね合わせるのは慎むべきだろう


次回 【DVD】『コードギアス 反逆のルルーシュ』 第17話~第19話
前回 【DVD】『コードギアス 反逆のルルーシュ』 第11話~第13話
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。