【映画】『レッドクリフ Part1』

平日に有給がとれたので見に行った


レッドクリフ Part I ブルーレイ [Blu-ray]
エイベックス・ピクチャーズ (2009-03-11)
売り上げランキング: 18,621


三国志演義準拠だろうと覚悟して行ったら、単なる講談物に収まらない内容。俳優陣も講談のなかのキャラというより、血肉を持った人間として演じている。孔明、周瑜視点なので曹操が悪役になってしまうんだけど、その存在感も悪くない
序盤は曹操の出陣から始まって、荊州で劉備が敗走するところまで史実を追うような感じ。劉備の二夫人が死んで趙雲が阿斗(劉備の息子)を助けるところまで再現されているが、少々蛇足に思える。出だしイベントを詰め込み気味で、このペースは辛いなと思ったが・・・
孔明が孫権に会見するところから一変!孫権と老臣たちが戦争か降伏か揉めている中、孔明が孫権の自尊心を捻り出すシーンは見事。ここから演義にこだわらないジョン・ウー三国志が開演する

主役の一人である周瑜(=トニー・レオン)は実にさわやか。吉川三国志の嫉妬深いキャラとはほど遠い。孔明(=金城武)との初対面も天才対天才の探り合い。お互いが楽器を弾き合う場面はなかなか見応えがある。戦場の描写ばかりになるかと思っていたら、こういう優雅なところも描かれていて感動。なんで孔明はなんでもできるの、という突っ込みはなしだ(笑)
ヒロインに相当する小喬(=リン・チーリン)を引き立てるためか、この映画の周瑜は家庭的だ。自分のうちの馬が産気づいたぐらいで帰ってしまう。いきなり自分の家に、孔明を呼んじゃうあたりかなり強引だが、見ているときに違和感はない。天才と天才ならさもありなんと思えてしまう
しかし、この映画で家庭の中の周瑜が見られるとは思わなかったな

その他のキャラクターも立っている。関羽張飛はひと目見て分かるし、趙雲はお約束どおり男前。劉備は貧しい出自を背負ってか、かなり謙虚すぎるキャラで、年齢を反映してちゃんとおっさん(笑)になっている
MVPといえるのが、魯粛(=ホウ・ヨン)。吉川三国志的な、ずいぶんな好人物になっていて、なおかつギャグ要員。天才二人の間でコミカルな演技で笑わせてくれます
次点で孫権の妹、尚香たん(=ヴィッキー・チャオ)。ありえないほど、戦場に出てくる。そして、魯粛や劉備をはり倒す(!)、想像を越えたお転婆ぶりを見せる。三国志無双をリスペクトしたかというほどだ。可愛いし、面白いからアリですな
秀逸だったのが、孫権(=チャン・チェン)が開戦を決意するまで逡巡するところ。実績も自信もない青年が、民と国を守る指導者に生まれ変わる軌跡は美しい。なんで周瑜は主君を虎とサシで勝負させるの、なんて疑っちゃいけない(笑)
忘れちゃいけないのが、金城孔明。少々キザに見えるが、冴えていて色気もあるニュー孔明だ。とんでもない大役をなんなくこなしていて驚いた。ここまでデキル役者だったのかぁー
色白でないこの孔明もアリ!

以下、よりネタバレ気味に(もうバレてるか

パートワンの映画の合戦は、赤壁の戦いの前哨戦まで。それも陸戦で、オリジナルな展開だ。敵の騎兵をとっちめる、余りに凝りすぎた陣形はいろんな意味で圧巻。極めて講談的な戦いが繰り広げられるが、ここまでやられたら、それに乗るしかないという感じだ
敵も敵なりに無茶苦茶な反撃をするが、見ているうちにアリになる。ジョン・ウーの作る映像の強度は凄い。冷静に見ると、プロレスのバトルロイヤルみたいなんだけどね

この映画の曹操は悪役だ。が、平板な悪役にはなっていない。詩吟を考えながら策謀を練り、周囲と談笑しながらも裏の裏を読む。一流の軍略家であり、決戦の前に宴会を興じる快楽主義者でもある。年齢的におっちゃんなわけだけど、地味な劉備よりも魅力的に描かれている
ただ、小喬に首ったけなところは、曹操ファンには辛いだろうか。周瑜対曹操という構図を作るための演出なんだけど、どうしても矮小な人間に見えてしまう。「たった一人の女のために、戦争を始めたのか」という例の台詞が出されると特に
演出としてはうまく言っているし、ある意味人間味が出ているともいえるのだが・・・
中村獅童は「甘興」という周瑜配下の武将で出演していた。名前のモデルは甘寧で、呉を代表する猛将という位置づけ。
魏には夏侯惇と夏侯淵がいなくて、夏侯雋という武将が魏の陣営を代表する重臣として創作されている
有名武将の名前だけつけて、出番がなくなるのを嫌ったのだろうか


後編 『レッドクリフ Part2 未来への最終決戦』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。