『高橋是清と井上準之助―インフレか、デフレか』 鈴木隆

他国の例を引かなくても高橋是清がいる

高橋是清と井上準之助―インフレか、デフレか (文春新書)高橋是清と井上準之助―インフレか、デフレか (文春新書)
(2012/03/16)
鈴木 隆

商品詳細を見る


恐慌に対しいかなる政策が採られるべきか。戦前の大恐慌時の蔵相、井上準之助と高橋是清から教訓を学ぶ
現代のリフレ政策と比較、検証するのではなく、戦前の金融・財政政策を紹介する内容だった
著者も「どちらが正しいかの判断は読者に任せる」としており、当時と現代の違いを比較し政策を検証するのは新書の手に余る大事業なのだろう
本書では、大恐慌対策において井上準之助のデフレ政策は破れ、高橋是清のインフレ政策が明らかに勝利している
高橋は1933年の時点で不況時に財政出動し好況時に税収増で財政を均衡させるケインズ政策を実施しており、世界に先駈けて日本を恐慌から脱出させた
バランスをとるように、高橋の赤字国債発行、日銀引き受けは軍部に横取りされ破滅の道につながったと書かれているが、それは高橋への評価としては酷なものだろう

井上の政策、財政規律と金本位制を重視し、物価を下げて国際競争力を強化することは、当時の常識ではあったが、外国は関税を上げて対抗してくるので、国内が冷え込むだけだった
高橋の政策は金本位制を放棄し通貨の発行量を増やし、赤字国債を発行して財政出動で農村を救済した。円相場を経済の実態に近づけ、国際収支を改善させた
インフレ政策そのものは誰にも考えつくものだったと言う。なぜ日銀や大蔵省は許さなかったのか
戊辰戦争と西南戦争の戦費を紙幣を刷ってやり過ごし、戦後インフレを招いたという過去があったからだ
財政家や金融マンからすると、ハイパーインフレだけは避けなくてはならないという想いが強い
高橋は日銀総裁、蔵相を歴任しつつも国際的な金融マフィアに通じる異端の存在で、早々金本位制、金の保有量で通貨発行量が決まる体制の限界に気づき、タブーともいえる財政政策をとることができた
しかし、高橋もこのインフレ政策は井上のデフレ政策の尻ぬぐいであり、景気が回復すれば平時の常識に立ち帰って財政均衡を保たなければならないと考えていた
軍事費拡大を認めないことが軍人たちの逆鱗に触れ、2.26事件で殺害されるに到る

高橋の蔵相時代、陸軍担当の主計官が後の蔵相、総理となる福田赳夫で、福田はオリンピック後の不況(1965年)に戦後初めての赤字国債を発行する
1966~1967年に国債依存度は16%を越えたが、1970年には5%まで減らして財政を均衡させている
インフレ政策のキモは、蛇口を閉められる人がいるかで、開けるよりも強力なリーダーシップが必要となる
もうひとつは、国際金融に通暁して妥当な相場が読めること。井上と高橋の違いはここだった
戦前からユダヤ財閥など金融マフィアは暗躍していて、金融市場のグローバルだった。一国で完結した経済政策は昔も今も功を奏さないだろう


高橋是清と井上準之助 (人物文庫)高橋是清と井上準之助 (人物文庫)
(2005/09)
高橋 義夫

商品詳細を見る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。