『歳月』 上巻 司馬遼太郎

司馬版の江藤新平伝

新装版 歳月(上) (講談社文庫)新装版 歳月(上) (講談社文庫)
(2005/02/15)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


肥前佐賀藩の下級武士「手明鑓」に生まれた江藤新平は、二重鎖国と呼ばれる藩の掟を破り脱藩、命がけで京に出る。罪を問われるのを承知で佐賀に戻ったが、藩主・鍋島閑叟に認められ京都での藩外交を担う存在となった。志士としてさしたる働きのない江藤は、時流に乗って新政府の指導者に駆け上がっていく

江藤新平の成り上がり方は桁違いだ
藩外交で立ち後れていた佐賀藩において、ただ脱藩していただけで藩外交を代表する立場となり、佐賀藩の軍隊を戊辰戦争に導くだけで新政府の枢要に入る。もとは下級武士の出というだけでなく、父親は罪人でお役御免の状態で、庶民よりも生活は貧しかった
維新で世の中がひっくり返ったことを象徴する人物といえよう
あまりに時流に乗りすぎたゆえに、組織作りや法令の編纂など能吏としては飛び抜けていたものの、違う地盤・考えの人間との折衝、周旋といった政治力が身につけられなかった
その極端さは同郷の大隈重信、副島種臣、大木喬任などと比べても、際だっていて、佐賀の議論倒れで済まないところがある
まだ上巻を読んだばかりだが、大久保利通という氷山にぶちあたって、粉々になるのが目に浮かぶようだ(苦笑)

司馬の描く江藤は、一流の頭脳を持ちながら不遇の時代が長かった反動か、抜き身の刀のような野心を持つ
そうしたストレートな権力欲を持ちながら、そのために必要となるしたたかさを全く欠いているのが滑稽で、自分のやろうとしていることと資質が決定的にミスマッチを起こしている
正々堂々とした正論で政敵を失脚させようとする様は、角度によって清廉な人物に見えるだろう
また、明治の美風と言うべきか、貧しい書生の面倒をみることもあり、その一人がシベリア単騎行の福島安正だった
信濃松本藩士出の福島をなんら縁のない江藤が後援し、福島は賊として断罪された江藤の霊を神棚に祭ったという


次巻 『歳月』 下巻

関連記事 『翔ぶが如く』 第1巻
       『幕末維新と佐賀藩』
       『江藤新平』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。