【思想】ネット社会と全体主義

珍しくまとまったお休みを頂いたので、今まで考えていたことを書いていきたい
まあ、いつも通り不発弾かもしれないが、書きながら次へのステップになればいいかと

冷戦が終わって世界が資本主義という単一のイデオロギーに統一されて、全ての紛争が内戦として現れる「帝国以後」の閉じた世界になった、としておこう
その中の人間にとって、IT技術の発達がどう影響するか、という点でもやもやしていたのだけど、ヒントになる言葉が見つかった

経済成長神話の終わり 減成長と日本の希望 (講談社現代新書)経済成長神話の終わり 減成長と日本の希望 (講談社現代新書)
(2012/03/16)
アンドリュー.J・サター

商品詳細を見る

以前紹介したこの本は、経済成長を“目標”とすることの危うさを指摘したものだが、ネット社会の傾向に対しても警鐘を鳴らしていた

 昔は、即断即決が求められたのは英雄だけだった。でも現在は、誰もがそうしなければならないプレッシャーを観じている。この、即座に反応しなければならないという感情は「切迫感」と呼ばれ、現代社会のあらゆるレベルで蔓延している。
 日常生活のレベルで言えば、技術の進歩によって、本当はそんな必要などないのに、反射的に行動するのが常になってしまっている。
・・・(略)・・・即座に行動することが「できる」ので、別にそうする必要がなくても、即座に行動してしまう。しないといけない、他人はそうすることを期待しているに違いない、という気になるのだ。(p231-232)

著者はこれを「切迫感文化」と呼び、「良いものをつくるには時間がかかる」ということを忘れさせてしまった、と嘆く
重大なのは民衆の政治判断にまで影響することで、本来の民主主義は時間のかかるめんどくさいものなのに、分かりやすいフレーズに飛びついて決断してしまう
そもそも古代ギリシャの民主政などは、奴隷制で労働から解放された市民という名の貴族によって為されていたわけで、「勤労」を義務づけられた日本国民には民主主義を行なうゆとりは少ないだが、ネットの効率追求はさらに考える習慣を削ってしまうだろう

もう一つ重大な影響を与える分野が金融
インターネットで情報が即座に共有され、世界で年がら年中、市場が開いているため、常に決断が要求される。会社は投資家の機嫌をうかがって四半期の実績に終始し、投資家は短期間で最大の利益を狙う
結果、近視眼的なものの見方が定着し、長期的視野に立った進退ができなくなる

 切迫感のもっとも大きな問題は、イノベーションと変化を過剰に賛美する文化的・イデオロギー的な素地を作り出すことだ。そのような素地を持つ世界では、「創造的破壊」はマーケティング戦略ではなく、抗し難い魅力を持つ自然の法となる。この「切迫感」を維持するツールがある。その名は「費用対効果分析(CBA)」だ。(p233)

CBAはもともと新古典派に基づく指標で、原則的にすべての規制を敵とみなし、イノベーションや自由市場もろもろを善と仮定する
既存の規制に対して、規制による「費用」がいかに「便益」を上回っているを分析して攻撃する
その「費用」に、規制がなければ生まれるはずだった「便益」=「機会費用」を含めるのが常套手段で、さらに将来の価値を減価することで導く「割引率」を駆使して、どんな規制にも理論武装できる思想的ツールなのだ
イデオロギー無き時代の、イデオロギーといえようか
「経済」は政治イデオロギーに対して“中立”という誤解があるので、イデオロギーと自覚されない点で怖い代物である


さて、こういうネット社会の特徴と全体主義はどう接着するのか
ネットにおける個人とは、世間のしがらみ、縁から完全に断ち切られた状態で、一見これ以上なく自由な「個人」である
それなら誰にも邪魔されず自由に判断できるから、例えば、ネット上の選挙が定着すれば理想的な民主主義が実現する……かというと、まったくそうはならないだろう
まず「自由」過ぎることが仇で、考えるための足場を得づらい
何でもありなので、どこから入りこんでいいか分からない。そのため、とりあえず予備知識をということで、お手軽なところに基礎を求める。お手軽な場所には同じような人が集まるので、とりあえず孤独感は感じなくなる
そこに、時間効率を追い求めるネット文化が加われば、流行のフレーズに乗っかって「分かった気」になること受けあいで、孤独からも即座に解放される。そもそも情報が乱舞する環境そのものが考える力を奪うので、ブロードバンド環境はゲームばりに毒があると見るべきだろう
ネットに比重を置かざるえない現代人は、かつてなく原子化され、CBAのような巧妙な理論に対して苦もなくひねられる脆弱な存在なのだ


関連記事 【思想】富野の全体主義論(コラム)
       『経済成長神話の終り 減成長と日本の希望』

*2013’3/1 改題と加筆修正。既存の言葉に言い換えた。造語って難しい
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。