『ヒトラーの経済政策 世界恐慌からの奇跡的な復興』 武田知弘

ナチス視点の経済史

ヒトラーの経済政策-世界恐慌からの奇跡的な復興 (祥伝社新書151)ヒトラーの経済政策-世界恐慌からの奇跡的な復興 (祥伝社新書151)
(2009/03/27)
武田 知弘

商品詳細を見る


ヒトラーはどうやって世界恐慌からドイツを脱出させたのか。ホロコーストなどの虐殺・恐怖政治から全否定されやすいナチス・ドイツを経済政策の面から再評価する
・・・というわけで、主に経済の面からナチス・ドイツの開戦までの政策を褒め称える内容なのだが(苦笑)、その論じ方のピントがずれている
著者がナチス時代のドイツが偏見を受けているという前提で述べているものの、当の日本人はナチスのイデオロギーには相容れないながら、当時のドイツが置かれた状況に同情的で、各方面のヒーローに関してはそれなりに評価してきた
三島由紀夫はヒトラーとレームで戯曲を書いているし、『アドヴァンスド大戦略』系のゲームでは堂々と連合国に復讐するストーリーが語られているのだ(笑)
それなりに情報を持っている人間からすると、「ヒトラーは経済を知っていた」という史伝小説な持ち上げは余計なだけで、タイトルも「シャハトの経済政策とした方がすっきりした
本書の主人公は、(著者は副主人公と言い張るが)ヒャルマール・シャハトなのだ

前半は失業・福利厚生の政策が中心で、文面どおり読むとまさにユートピアだ
しかし、注意深く読むと、楽園の裏側が見えてくる

 ナチスは、景気対策で企業の業績が上向きになったのを見て、配当制限法という法律を作った。
 これは資本の6%以上の配当をしてはならない、というものである。もし6%以上の利益が出た場合は、公債を購入することが義務づけられた。
(p67)

企業の利益を強制的に取り上げているのだ。こうして集められた公債を公共事業の原資とする
個人に関しても同様に財形貯蓄を賞揚し、満期になるまで引き出せない定期預金を作った。これもほとんど国庫へ向う
ドラッカー『経済人の終り』で、上・中流を徹底的に搾取し、下層階級に手厚く配給すると指摘していた通りだ
では、下層階級が貧困から脱出できたかというと、それも怪しく、ナチの「越冬プログラム」を紹介するところで、「景気が良くなった1938年でも、国民の25%がこの越冬プログラムを利用していた。(p119)」と書かれている
底辺に飴を与えつつもそこから上昇させず、公共事業に依存させて政権基盤にしていたのだ

著者は「今の日本にもヒントになる」と無理繰り書いているが、ほとんど参考にならないだろう
戦前・戦後のケインズ政策は焼け野原状態だからこそ短期的に有効なのであって、モノやインフラが揃っている現在日本でどれほどの効果があるものか。震災復興や地震対策にしても需要に限りがあるだろう
そもそも戦前の日本は、各国の総力戦体制を研究して追随しており、この本で揚げられている国民への福利厚生は賞味期限が切れて久しい。どれだけ社保庁がいらんハコモノを作ったものか
あえて言えば、シャハトのあの手この手の錬金術は、財源確保、デフレ脱却の手法として参考になるのかもしれない(管理人はデフレ克服=不況脱出という考え方に懐疑的だが)


関連記事 『ヒトラーとケインズ』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。