【ネット】Google Analytics の直帰率と離脱率

当ブログはアクセス解析に、FC2のとGoogle Analyticsを使っている
FC2はお手軽にクリック先、リンク元が分かるのだが、いかんせん不安定すぎる
カウンターとアクセス解析の数が乖離すること度々だし(カウンターが悪いのだろうが)、この前はなんの障害か長期休養状態に陥っていた
となると、頼りになるのは、天下のグーグル様なわけだ(忍者等は良く知りません)

“Google Analytics”で前から気になっていたのが、「直帰率」「離脱率」という用語
ヘルプで見てみると

直帰率 → このページセット、またはページを1ページだけ閲覧したセッションの割合です。
離脱率 → このページセット、またはページからサイトを離脱した割合です。

と出る。どう違うのか、非常に分かりにくい
ネットで検索して幾つかの記事を読んでようやく理解できた

直帰率とは、このサイト、この記事にたどり着いてから、そのまま他の記事を1ページも見ずに他のサイトへ離れてしまったアクセスをカウントした割合なのだ
100%なら全ての人がその記事でそのサイトを去ったことになり、50%なら半分が去って残り半分は1ページ以上他の記事を見てくれたことになる
「直帰率」が高いほど他のページを読ませる魅力に乏しいダメな記事という見方もできる。そして、直帰率が全体的に高いサイトは記事の内容が・・・
しかし、常連さんは更新した記事だけを確認するだろうし、ご新規さんの数次第で直帰率が高止まりすることもあるだろう。高いからと言って、悲観するものでもないと思う

離脱率とは、あくまでそのページから離脱した割合
だから、その1ページを見て離脱ときも、他の記事からたどり着いて離脱した場合でも、等しくカウントされる
なので、「直帰率」が100%だと「離脱率」も100%となるが、直帰率>離脱率、直帰率<離脱率となっても不思議はない
離脱率が高い記事は、そのサイトの終着駅になっているというだけなのだ
アフィリエイトへ通って頂けることもあるので、「離脱率」自体が高くても悲観することはない。ユーザーはいつかどこかで離脱するのだから

ただ、「直帰率」「離脱率」の両方が100%の記事は、まずいわけですな(汗


ちなみに、平均ページ滞在時間は、同じサイトの次の記事をクリックするまでを区切った時間
記事Aから記事Bに移動した場合、記事Aの時間はカウントされるが、記事Bから離脱してしまった場合の記事Bの時間はカウントされない
そのため、直帰率が100%の記事の「平均ページ滞在時間」は、何分読まれたとしても「0:00」と表示されてしまう
つまり、たとえ「0:00」であっても当該記事が全く読んでもらえなかったということにはならない(一瞬で移ってしまった可能性もゼロではないが・・・)
だから、「0:00」でも「ロボットが通りすぎただけと」嘆くことはないのだ

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。