『愛と幻想のファシズム』 上巻 村上龍

ずばりファシズムというと、この小説だが

愛と幻想のファシズム(上) (講談社文庫)愛と幻想のファシズム(上) (講談社文庫)
(1990/08/03)
村上 龍

商品詳細を見る

1990年代、世界経済は未曾有の恐慌に突入しようとしていた。一匹狼のハンター、鈴原冬二は、カナダで自殺志願の男「ゼロ」に出会う。自殺を強引に引き留められた「ゼロ」は、冬二の語る狩猟社会の価値観に惹かれ、政治結社を二人で始めることになった。二人の政治結社「狩猟社」の元には、元右翼、左翼のインテリ、大蔵官僚、テロリスト志願の少年たちが集い、組織は急拡大していく。人々は彼らをファシストと呼んだ

なんとも妙なポリティカルフィクションである
何が妙かというと、決して日本の政治風土を捉えきれていないにもかかわらず、描かれた情勢そのものは今の政治状況と被って見えるのだ
日本一人負けのように見える通貨情勢(小説は円暴落だが)に、まるで無力な左翼陣営弱肉強食の「狩猟社」の主張も、一頃の新自由主義に近い部分がある
鈴原冬二の主張はファシズムというより、余計なものを取っ払えというアナーキズム
冬二自身も日本の「またぎ」ではなく、アメリカの「ハンター」である。彼の語る「狩猟社会」も随分アメリカナイズされたものなのだ
あえて日本の政治家に喩えるなら、昔の石原慎太郎に近いだろうか

小説で描かれた日本社会に余りリアリティはない
警察権力を軽視しているし、官僚たちもトップが変わっても気にしない中立的な勢力として描かれている
「狩猟社」は自前の戦闘集団を持ち企業のためのデモ潰しをやったりするが、公安警察がこれをみすみす許すとは思えない。役割が競合する分、全力で潰しにくるだろうし、逆にこれを口実にして社会への統制を強めるだろう
官僚にしても政権を取られてアナーキズムをやられては、仕事がなくなってしまう。これも強力に抵抗するはずである
ナチス・ドイツの前例を意識して、冬二たちが政権を取りやすいように設定されたのだろう
その一方で、何気ない台詞に

「・・・(省略)・・・客観的に考えますと、例えば倒産した社長とか解雇された労働者というのは、ノイローゼになる余裕なんかないはずでしょう? そうですよねえ、
 ところがそういう連中が簡単にノイローゼになるんです、そして会社の再建やら職捜しを放棄して、ノイローゼになって、浮浪者、ルンペンになるんですよ。ルンペンが多いでしょう?
 僕の観察では、女は売春婦になってますね。そして男がルンペンになってます。若い男はノイローゼになって、その一部は犯罪者になっております、子供はと言いますと、これが一番元気がいいようです、まあ、親から殺されるのもたくさんいますが」(p191)

適当に過激な言葉を並べただけに思えて、現実に当たっていて困る(苦笑)
「狩猟社」の初期の闘争は昔の学生運動のそれで、相手を派手に潰して知名度を高めるなど、60~70年代の過激派の手口のようだ
世代的には押井守と同世代。「オレだったらこうやる」という、「祭り」に対する作者の憧れを感じた

日本人の価値観を「百姓」と罵り、単純な世界で生きていた鈴原冬二も、少しずつ変わっていく。弱者を保護する「カリスマ」「父」として自覚していくのだ
現状、日本人の理想からはかけ離れているが、どこまで日本で通用する「カリスマ」になれるだろうか
また、相方のゼロは苦悩の果てに「システムを壊すつもりが、新しいシステムを作ろうとしているだけでは?」と吐露する
この課題を冬二はどう乗り越えるのか。破壊者にとどまるか、創造者に踏み込むか
ポリティカルとしての魅力は薄くても、登場人物のキャラが立って小説としては面白い。さてどうなるか

10’12/24 一部修正

関連記事 『愛と幻想のファシズム』下巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。