『フリーメイソン』 吉村正和

成功した秘密結社?

フリーメイソン (講談社現代新書)フリーメイソン (講談社現代新書)
(1989/01/17)
吉村 正和

商品詳細を見る


18世紀のヨーロッパを席巻し、アメリカ独立やフランス共和制に深く関わったとされる秘密結社フリーメイソン。秘密のベールに包まれながらも多くの著名人たちが入会し、表の歴史をも動かしたその組織の実態とはどんなものなのか。その思想的背景からヨーロッパ近代主義の系譜をも探る新書

厳密には、フリーメイソンは“秘密結社”とはいえない。アメリカを中心に世界各国に支部があり、これほど名の知れた“クラブ”が他にあるだろうか
しかし、内部の活動が“秘密”であるのは事実で、そこから様々な憶測がされてきた
著者は実地では知らないものの、フリーメイソンについて書かれた多くの著作物(『戦争と平和』『魔の山』!)から、組織の活動や儀式を明らかにしていく
実際、本書で語られるフリーメイソンは、“組織”というより親睦を深める“場”である
ただの秘密めいたサークルで始まったクラブが、多くの知識人が集まることで地方ごとに違う性質を変わっていき、時に革命の思想的な原動力となっていったのだ

フリーメイソンには、確かに怪しげなところもある
入会や昇級するときに、目隠しをしたまま専用の部屋に連れて行き、死を疑似体験させる儀式を行う。最上級の「親方」(マスター)になる際には、実際に棺桶へ放り込むというのだから気味が悪い
儀式を終えた後に「闇から光へ」という標語のとおり、目隠しをとって歓迎するところは、なにやら自己啓発セミナーを思わせる演出
しかし、こうした手法こそ、ギリシアの秘儀に始まる西欧神秘主義の伝統に則ったものなのだ
面白いことに、フリーメイソンのメンバーであったモーツァルト(!)は、歌劇『魔笛』においてこの入門儀礼を再現させている
とにかく会員たちの名前が凄い
作家では、ゲーテコナン・ドイルスウィフトエドワード・ギボンウォルター・スコットマーク・トウェイン、音楽家では、ハイドンリストシベリウス・・・権力者の中にはフリードリッヒ大王のように自ら支部を本国に開く人もいた
(伝説の秘密結社イルミナティは、バイエルンで結成されたフリーメイソンで、急進的で政治色が強かったために弾圧されている)

フリーメイソン最大の成果は、アメリカ独立
ベンジャミン・フランクリンもフリーメイソンなら、初代大統領ジョージ・ワシントンもフリーメイソンだ
特にフランクリンはフランスに渡り、組織のコネを使って同国を味方に引き込んでさえいるのだ
独立戦争中のワシントンは、フリーメイソンの慣習を表舞台でアピールしてみせた。アメリカでのフリーメイソンはもはや秘密結社に相応しくない“表の結社”となった
(アメリカの国璽や紙幣には、かの有名な「ピラミッドの頭に目がついたマーク」がついている!)
本書は、理神主義や啓蒙主義など18世紀のヨーロッパ精神が、フリーメイソンを通して新大陸に流れ込みアメリカ独立に結実したことを見事に活写している


独立革命での大成功からか、現在のフリーメイソンはアメリカに400万人の会員がいるとされる。全体の三分の二という数である
(ちなみに日本は明治以来300人前後。厳格な宗教差別はないが、キリスト教徒が少ないことが影響しているよう)
アメリカ独立後のフリーメイソンの会員も凄く、両ルーズベルトを含む13人の大統領が参入儀礼を受けていた。その他にも無着陸単独飛行のリンドバーグや自動車王ヘンリー・フォード、野球選手のタイ・カップなどもメンバーだったという
日本ゆかりとなると、かのマッカッサーがフィリピンのロッジで入会していたのは驚きだ。憲法の序文には、フリーメイソンの精神が影響しているのかと勘ぐりたくなる(笑)

本書はフリーメイソンだけに留まらず、その裏に広がる思想地図にも目を向けている
ヨーロッパの近代精神には、伝統的な神秘主義の否定から始まっているのではなく、むしろ表の科学と裏の錬金術・神秘思想が補完する形で発展したものではないかと、著者は問いかける
ユングがフリーメイソンかは知らないが、彼がやろうとした心理学も近代思想の礎を再発見することではなかったかと考えてしまった
ヨーロッパから入った近代の観念、「人間」「人権」「主権」なども、キリスト教の「神」を前提しているという指摘も、どこかで聞いた話ながら興味深い。それに関する、著者の考察を読んでみたいなあ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。