【DVD】『殺人狂時代』

『日本でいちばん長い日』と同じ1967年公開という・・・なんで?(笑)

殺人狂時代 [DVD]殺人狂時代 [DVD]
(2006/02/24)
仲代達矢団令子

商品詳細を見る


精神病院を営みながら、悪の結社『大日本人口調節審議会』のリーダーである溝呂木(=天本英世)の元に、知り合いだった元・ナチス将校ブロッケン・マイヤー(=ブルーノ・ルスケ)が訪れた。組織の実力を試すため、不特定に選んだ3人の男女を殺して欲しいと言う。溝呂木の部下たちは見事二人のターゲットを仕留める。そして、3人目のターゲットは、ボロボロの風体な大学講師・桔梗信次(=仲代達矢)であった・・・

本来は二本立てのアタマの作品ということで、全編ギャグタッチのアクション映画(!?)
序盤の桔梗は映画史の残るようなヘボく不潔なキャラで、その彼が仲間の助けを借りながらもプロの殺し屋たちと戦い抜くという筋書きは、ピンク・パンサーシリーズのクルーゾー警部を彷彿とさせるもの
OPのスタッフロールがアニメなのは、同映画を意識したからなのだろうか(『ピンク・パンサー』第1作は1963年公開)
映画としてはギャグタッチながら、そこは名監督。笑わせながら、鮮やかなカットと場面転換を魅せつけてくれる

桔梗は戦いの中で徐々に本性を現わしていく。最後には狩られる側と狩る側が転倒していく。その変化をきめ細やかに演じる仲代達矢が素晴らしい
殺し屋たちも皆それぞれにユニークな変人でキャラが立っている。みんな見え見えにイカれたしゃべり方で、罠を仕掛けてくる様は爆笑もの
極めつけは、もちろん天本英世演じる溝呂木。嬉々として殺人哲学を語る様は、嵌りすぎている
自衛隊に仮装させた罠といい、ラストの桔梗との「スペイン式決闘」といい、まさに悪の紳士これにありである
あと、ヒロインの雑誌記者鶴巻啓子を演じる団令子がエロい!
契約にサインした桔梗がうらやまシス(最後のオチにつながるのだけれども)

DVDの岡本監督を交えた鼎談によると、二本立てのアタマになるはずが、あまりのインパクトの強さからかトリの映画の邪魔になるということで一度お蔵入りにされたらしい
なぜか二本立てのトリの作品として復活したが、アタマの作品に集客力がなかったために、東宝史上最低の営業成績となったそうな
しかし、日本映画にこれほど洒落た笑いを目指した作品があるとは思わなかった
『大日本人口調節審議会』なんて、特撮の秘密結社顔負けじゃないか。レインボーマンの死ね死ね団とかの方が性能は良さそうだが(笑)


タイトルはチャップリンの方から来ているようで
観ていないので、内容のオマージュがあるかは分からない
他の作品の影響もあったり、この作品に影響されたものもありそうだが、知識がないからにんともかんとも
映画を語るにも、修行がま~だま~だ足りませんな(技術論とかぜんぜんわかんないしなあ)

10’8/26 一部修正
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。