『蒼天の拳』 第21巻 原哲夫

アニメの方は見続けるようか、悩むような出来だが

蒼天の拳 21 (BUNCH COMICS)蒼天の拳 21 (BUNCH COMICS)
(2009/12/09)
原 哲夫

商品詳細を見る


劉宗武との「天授の儀」の後、泰聖院の女人像が崩れ一つの塔が姿を現わす。それは北斗の先人たちの魂がこもった「鎮魂の塔」であり、拳志郎はそれに触れることで北斗3000年の歴史を体感する!
『北斗の拳』修羅の国編で登場した、アレです
拳志郎は北斗神拳の始祖たるシュケンが西斗月拳の使い手を殺め、自分の子供を宿したヤーマとの悲劇を知るのだけど、その後に語られる北斗の歴史がはっちゃけている
あの空海が北斗神拳の使い手三人を日本に連れ帰ったというのだ(笑)。またこの三人がお約束通り、ラオウ、トキ、ケンシロウに似ている!
その後、北斗神拳の使い手は日本の支配者を影ながら守っていたらしくて、本能寺にいる信長の前にパッと現れたりするんだ。「天が決める」とかなんとか言うけど、助けようと思えば助けられるじゃないか(笑)
凄く熱い浪花節の間に、こんな寸劇をしれっと入れられるセンスって凄いよ。もう泣いていいのやら、笑っていいのやら・・・
もともと『北斗の拳』の方でも回を進むごとに矛盾が噴出して、設定がひっくり返っていくのが“北斗の歴史”であるのだけど、こうも開き直ってやられたら黙るしかない
本巻の作中の台詞じゃないが、「だが、それがいい」なのだ

次が最終巻。拳の決着は戦う前についているが、どういう結末をたどるか

次巻 『蒼天の拳』第22巻
前巻 『蒼天の拳』第20巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。