『HUNTER×HUNTER』 第25巻 富樫義博

前巻の記事と間が空いてしまったなあ

HUNTER×HUNTER NO.25 (ジャンプコミックス)HUNTER×HUNTER NO.25 (ジャンプコミックス)
(2008/03/04)
冨樫 義博

商品詳細を見る


ついに作戦決行となるけど、開始10秒前までいろいろな段取りや議論が展開される。ま~だ伏線をしこむつもりなのか・・・
作戦開始の合図とともに話は劇的な展開を遂げる
事前の作戦とは想定外のことが幾つも起こってしまって、敵味方とも面食らう局面が。相手が見えないことをシミュレーションゲームに“戦場の霧”と表現するが、急に霧が晴れて遭遇戦になってしまった感じだ
まさに戦場は生き物といったところであり、お互いが限定された情報で相手を読み合う戦いが描かれる。ハンター×ハンターらしく、相手の謎を探るというミステリーが詰まっているのだ

戦い合うのが超人たち同士とあって、そうした読み合いを秒単位で描くんだなあ
「えっ、そんな短い時間でそこまで考えられるの?」とは思うけど、超人なのだから仕方ない(笑)
いろんな人物の視点でその解釈や感情を描いていくから、読んでる人間の体内時間より作品内の時間がだいぶギャップがある。丁寧に事細かく書いているのに好感は持っても、爽快さには欠けるのだ
アクション漫画にしてはスピード感がなく、小説として捉えても視点が飛びすぎている。読み手の容量以上に情報を詰め込んでしまって、局地的には良くも全体としての締まりがない
絵に関しても持ち味ではあるけど、まとまりがない。週刊誌上ではどういう状態だったのか
話としても王とコムギの件は、この巻でメドをつけてほしかったなあ

弘兼憲史に苦言を呈されたことがあったけど、好き勝手やってることはこの巻でも感じる
ある意味、マンガ表現の限界に挑戦しているのは分かる
しかし、読み手を置いてきぼりにするのは良くない
作品世界を精緻に見せることにこだわりすぎて、作品そのもので何を見せたいのか、見失っている気がするな

次巻 『HUNTER×HUNTER』 26・27巻
前巻 『HUNTER×HUNTER』 第24巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。