【DVD】『兵隊やくざ』

勝新は好きだけど、映画は『座頭市』しか見たことがなかった。それもテレビでチラ見した程度
コカインの一件での印象が強い。世間的な行状はともかく、一度見たら忘れない、まさにスター。その人気を確立した一作が『座頭市』であり、この『兵隊やくざ』シリーズだ

兵隊やくざ兵隊やくざ
(2007/12/21)
勝新太郎.田村高廣.淡路恵子.滝瑛子.成田三樹夫

商品詳細を見る


時は昭和18年の満州。それもソ連国境最前線の町だ。そこに配属された元・ヤクザの初年兵大宮(=勝新太郎)が、面倒見のいい上等兵有田(=田村高廣)とコンビを組んで、軍隊生活を痛快に駆け抜ける物語
1965年製作の映画で製作スタッフの中にも軍隊経験者は多くいたのだろう。当時の軍隊生活を忠実に再現している(と思われる)。初年兵に対してはビンタ、ビンタ、ビンタの嵐!その中で暴力を振るわない有田にだけは、大宮も言うことを聞く
「軍隊は一つ隊が違えば敵だ」
「軍隊は無理が通って道理が通らぬ」
「軍隊ではバッジではなく、メンコの数がものを言う」
「炊事場の兵隊が初年兵にビンタするのは、明治、大正以来の伝統」
と、旧軍の格言(!)が続々と出る。浅田次郎の『歩兵の本領』なんかを思い起こすと、戦後の自衛隊にも通じるものがあるのかしらん
「ビンタ、拳骨以外の制裁は、去年から禁止されていたはずだ!」なんて台詞が平気で飛び出すんだよなあ

大宮はとにかくタフ奴で、軍隊内の制裁にも動じない。有田が彼を庇うのは、厳しい生活のなかで健全ともいえる人間性を保っているからだろう。嫌なことは嫌と言い、不条理なことには怒りを露わにする。有田から見れば、有田がやりたいことを彼が代わりに体現しているのだ
喧嘩嫌いなインテリの有田もまた、大宮と同じように軍隊からはみ出そうになる人間性を保っている
大宮の無茶は報復を呼び、それを有田が機転で納めていく流れ。ただ力押しではなく、軍隊内の慣習を利用し策を巡らして、危機を脱するところはまさに痛快。ただの喧嘩映画ではなく、閉鎖的な社会のなかの「政治」がある。軍隊物だけど一流のエンターテイメントでもあるのだ

軍隊生活を描いているので、女性はほどんど出てこない。その中でヒロイン格ともいえる町の女郎、音丸(=淡路恵子)がまた色っぽい。露出は少ないけど、ヘソに酒を流し込むシーンはエロティック。辺境まで引っ張られてきた彼女もまた、軍隊内の大宮、有田のように行き所のない身分。彼女の語るひと言ひと言が胸に響く

映画の基調となっているのは、「反戦」であり「軍隊」なるものへの非難だ。タイトルの「兵隊やくざ」は、大宮が元・ヤクザであることだけでなく、「軍隊」こそヤクザではないか、という問いかけがある
しかし、「軍隊」をステロテイプ的に悪に映しているわけでもない。有田は大西の騒動で方々の手を借りる。同期の班長はできうる限り有田に手を貸すし、同じ部隊内の仲間意識も伺える。あくまで各人物を人間として描いている
戦争、軍隊という理不尽な状況に対して、本来守るべき人間性から訴えているのだ

容赦ない制裁、喧嘩のシーンが続き、到底地上波、BSデジタルで流せる内容ではないけど、まさに名作。こんなにも理不尽で血なまぐさいのに、こうも人間が輝いて見えるのは何故だろう。そして同時に、どこかのどかさも漂う
これはもっと知られるべき映画であります

以下ネタバレ注意


ラストを言ってしまうと、二人は脱走してしまう。そのシーンが痛快で、エンターテイメントとしては良いんだけど、その良し悪しはどうだろう。脱走した二人の代わりに、他の兵隊さんが死地に赴くことが確定するのだ
大宮は戦地に来るまえに人を殺していて、代わりに他のヤクザに刑務所に入ってもらっている。その家族が貧乏に困っているのを聞いて、できる限りのことをしようと誓うんだけど、ここでまた違う犠牲者を出してしまうわけだ
制作者としては「軍隊」的なるものへの、「人間性」に基づく反逆・勝利を描きたかったのだろうとは分かるんだけど・・・
ただ、ラストが絵になることは確かなんだよなあ

10'8/22 修正
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。