fc2ブログ

『満州アヘンスクワッド』 第5巻・第6巻

漫画もけっこう積んでいます




第5巻。キリルの恋人ナターシャハルピンの青幇、馮英九の手下に捕まった。馮英九は身寄りのない女性や子供を人身売買しているのだ
キリルNKVDの過去だったことから、亡命ロシア人の集まりから相手にされず、麗華の助けを借りることに。馮英九はスラム街・大観園の子供もさらっていたことから、閻馬たち孤児も奪還作戦に協力する

かなり展開は早い
ナターシャの救出に成功したと思いきや、逃走車がロシアン・マフィアの縄張りに入ったことで、ナターシャばかりか麗華たちまで彼らの手に落ちる
そして、マフィアのボスとして姿を現したのが、白露事務局局長ロジャエフスキーで、杜月笙の娘・麗華青幇との取引材料に使おうとする
クライマックスは、馮英九とロジャエフスキーの交渉からの銃撃戦。追い詰められた麗華の運命は……と一番いいところで終わる!




第6巻。麗華の危機は、大観園の孤児たちに救われた。一命を取り止めた彼女の予見どおり、青幇とロシア・マフィアの血で血を洗う抗争が始まる
一方、ロジャエフスキーの秘書ニーナは、局長の正体とその拷問部屋を知り、ナターシャを救おうとするが、見張りが多く失敗
麗華たちの元へ駆け込んで、救出作戦を図るが……

凄腕感のある馮英九は、麗華にとどめを刺そうとするが、孤児の鉄パイプに阻まれた(爆
シリアスに話を作りながら、肝心なところでコメディになるのが、良くも悪くもこのシリーズの作風なのだ。キン肉マンで悪魔将軍がパイプ椅子を使ってきたことを思い出したが、そういうことが求められているかというと(苦笑)
ナターシャの救出作戦の裏で、麗華の傷を治すべく勇とリンはハルビンの南、吉林へ向かう。そこでは闇医者の關志玲が登場し、お次の標的は吉林の満州族になる模様


第5巻でいい展開を期待させながら、第6巻の収束はやはりご都合感が(苦笑)。5人ばかりのグループで組織の頭を取るには、それなりに説得力のある作戦でないと……
作画の迫力と微妙な成り行きの落差がもったいない
しかも、孤児たちが蜂起したことで、子供の犠牲を描けるのかという、課題も浮かんできた。これがクライム・サスペンスとしてガチかの試金石になる


次巻 『満州アヘンスクワッド』 第7巻・第8巻
前巻 『満州アヘンスクワッド』 第3巻・第4巻


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
カテゴリ
SF (28)
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログへ
タグランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。