『梟の城』 司馬遼太郎

反権力的主人公


梟の城 (新潮文庫)
梟の城 (新潮文庫)
posted with amazlet at 18.07.03
司馬 遼太郎
新潮社
売り上げランキング: 102,355


織田信長によって一族を殺された伊賀忍者、葛籠重蔵は、怨念を心に秘めつつも仏像を彫り山にこもっていた。そこへ忍の師匠である下柘植次郎座衛門が訪ねてきた。同門の忍者である風間五平が行方知れずとなったので、彼が請け負っていた仕事を継げというのだ。それは堺の豪商・今井宗久から下された秀吉暗殺なのであった

初期の司馬遼太郎の代表作で、戦後の忍者小説のはしりともいわれる金字塔的作品である
伊賀忍者が秀吉の代になって影響力が下がった今井宗久の頼みで秀吉暗殺を謀るのだが、そこに至るまでがかなり複雑。さる大名に仕える女忍者・小萩にたぶらかされたと思えば、同門である風間五平が敵役として後を追われ、師匠の娘である‟木さる”が重蔵と五平の間を揺れ動く。そこへ、甲賀忍者のレジェンドが加わるとか、あまりに因縁が絡み過ぎて秀吉暗殺どころの状況ではない(苦笑)
いわば、ハードボイルドに生きる忍者同士の駆け引きが本編であり、重蔵と小萩と木さる、そして五平との四角関係に代表される、非情と人情の間に揺れ動く心理描写に魅せられる

たしか市川崑の映画では、眠っていた秀吉に重蔵がなぜ朝鮮出兵を続けるのか、問いただす場面があったはず。それに秀吉は「今となっては皆に火がついてしまっていて、わしを殺したところで止められるものではない」とうそぶいていた
これを聞いたときは、太平洋戦争時の日本国民を連想したのかと思ったが、小説を読み直してみると、そうした場面はない!
重蔵はあくまで忍者としての至芸に生きる人間であり、それを実現するために秀吉の暗殺を仕掛ける。俗世の帝王として諸事に気を配る秀吉とは、真逆の存在である
映画のように政治的メッセージがなく、男と男の決着として収めてきってしまうのは、後の司馬小説のイメージからは想像しがたい。こういう徹底したクールさが、忍者小説時代の魅力なのだ
巻末にある作家・村松剛の解説には、時代小説のなかでの本作の位置付けががっつり説かれているので、読み逃しなく
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。