『HUNTER×HUNTER』 第35巻 富樫義博

ラオウ的な第一王子が有利過ぎる気が


HUNTER×HUNTER 35 (ジャンプコミックス)
冨樫 義博
集英社 (2018-02-02)
売り上げランキング: 815



第35巻。引き続き暗黒大陸へ向かう航路のなかでの、次期カキン国王を巡る継承戦である
王子のなかでの最年少、第14王子ワブルの警護を預かったクラピカだが、出航まもなく警備隊のほとんどを失い、しかもその生き残りは得体の知れない念獣に操られていた
クラピカはその護衛の能力を自身の念によって奪い、王子の母オイトに植え付ける。その能力は狙った小動物を完全に操作して、知覚を共有するものだった

14人いる王子が次期国王を賭けたバトルロワイヤルが始まった。それぞれの王子には儀式により念獣がとりついており、簡単には殺せないがその中身を知ろうと苛烈な情報戦が展開される
と、筋を書いているだけでだいぶ理屈っぽくなってしまうように、本巻もかなり説明的な台詞が多い(苦笑)。クラピカがどういう情報戦を仕掛けたかと同時に、相手がそれをどう捉えたかなどを、しっかり描写してしまうから見ごたえというより、読み応えのある作品になってしまっている
読者が消化できる情報量をとうにオーバーしている気がするのだが、こういう設定の整合性をとっていく労力が遅筆の一因に違いない
それでも主役はもちろん、侍女シマネといった味のある脇役まで魅力的で、話が飲み込めなくてもページをどんどんめくってしまうのだが


前巻 『HUNTER×HUNTER』 第32巻・第33巻・第34巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。