近代美術館のゴッホ展に行ってみた

展示が3月4日までだったので、親といっしょに京都国立近代美術館へ観にいった。向かいの京都市美術館が工事中な分、近代美術館の展示が豪華になっている

ゴッホ展の看板

中は撮影できないので、インスタ用(?)に置かれた表の看板を(笑)。並んでいる間に撮影できた

ゴッホ展の看板2
ゴッホ展の看板3
ゴッホ展の看板4

テーマはゴッホと日本の関係性。ゴッホはパリ時代に日本版画を買い集めており、浮世絵に強い影響を受けていた。彼が理想郷として考えた「日本」と、ゴッホに感銘を受けた日本人によるオーヴェル巡礼の様子が紹介されている(オーヴェルはゴッホが最期を迎えた場所)
有名な絵は少ないものの、小さめの珍しい作品が多く、関係すると想定された(?)浮世絵が配置されていた。ゴッホというと、『ひまわり』から黄色のイメージが強いんだが、いろんな試行錯誤や趣向があったのである
目玉は最初の看板にある花魁を書いた絵だろうか。芸者の上に当時の日本になさそうなボートが浮いているのはご愛敬だ

ゴッホ展 森村

ゴッホ展のひとつ上にある四階には、現代美術家・森村泰昌による『寝室』を立体化して、デフォルメした作品が展示されている。撮影可能なので、みんないろんな角度から撮影していた
たて掛けられた『ひまわり』に人の顔が描かれていたり(自画像か?)、横の壁に掛けられた絵も肖像画がアレンジされているようだ
他にゴッホに扮した森村自身の自画像があり、こうした遊び心は世界的にウケているらしい

ゴッホに直結する作品ばかりではないものの(水増し感はある)、いろんな時代の作品が見られて行った甲斐はあったと思う


ゴッホの手紙 上 ベルナール宛 (岩波文庫 青 553-1)
ヴァン・ゴッホ
岩波書店
売り上げランキング: 23,198


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。