『プロレス地獄変』 原田久仁信

永久保存版


増補DX完全版 劇画 プロレス地獄変
原田 久仁信
宝島社
売り上げランキング: 6,812


別冊宝島において名物となっていた原田久仁信のプロレス劇画集だ
原田久仁信といえば、かつては梶原一騎・原作の『プロレススーパースター列伝』で人気を博し、近年では『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』を漫画化した『KIMURA』を長期連載しているように、プロレスに縁深い漫画家である
取り上げられるのは、伝説の泡沫団体「WJ」の『地獄のど真ん中』に、それを付き従ったレフェリー保科昇男を主役にした書き下ろし『リキプロ哀歌』に、アンドレ・ザ・ジャイアント、ラッシャー木村、渕正信、夫人から見た橋本真也などの古き良き時代の回顧に加えて、ノア巨額詐欺事件、ターザン山本、谷川貞治ゴマシオこと永島 勝司の栄光と挫折と、宝島らしいスキャンダルの顛末に彩られている

本作は載せられた雑誌のように(?)、ただ昔を懐かしみ、堕ちた人間を罵っているわけではない。各作品にはそれぞれしがらみに流されつつも、ひとつの道に殉じた人々に溢れている
あとがきにある作者の回想で、それも腑に落ちた。作者もまた浮沈を繰り返しながら、まんが道を歩んでいたのだ
55歳にして漫画の仕事がなくなり始めて、日中に漫画を描きながら夜はバスの清掃冷凍倉庫で‟汗”を流して、一時期は閉店するラーメン屋を引き継いで本格的な転身も考えたとか
そうした人生の経験から漫画においても「描きたいことをやらせてもらえない」という精神状態を乗り越えて、読者が求めるものに応えていく決意を固めさせた
こうした人だからこそ、レスラーたちの苦悩や葛藤にリアリティを与えられるのだ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。