『ニューロマンサー』 ウィリアム・ギブスン

頭に電極以外の部分は、かなり実現しているかも


ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

早川書房
売り上げランキング: 14,483


ケイスは、電脳世界にジャックインする元‟カウボーイ”。闇の技術と混沌が支配する千葉シティーで身をやつしていた彼だったが、殺し屋の女モリイに誘われ、謎めいた依頼人アーミテイジと出会う。カウボーイとしての能力を復活させることと引き換えに、大企業の電脳世界へ突入し、そのAIと接触するが……

頭部に専用の電極を差し込むことで、現実とコンピュータの電脳世界を行き来するサイバーパンクの金字塔である
初出が1984年と、個人が使用するコンピュータ〝パソコン”が大衆へ普及し始めた時代であり、肉体に情報端末を埋め込むプログラマーがフリーの傭兵として活躍する
その〝カウボーイ”の戦場は単なる三次元のプログラム世界ではない。地球全体、というか宇宙植民地含めた人類社会全体が、コンピュータによって視覚化されたデータに描かれる「電脳世界」に覆われており、現実世界と並列し密接に関連している。例えば、主人公ケイスは電脳世界へジャックインすることで、ヒロイン格のモリイの視覚に張り付いて、情報と知覚を共有できたりする
世界が情報ネットワークの中に取り込まれ、身体のサイボーグ化など肉体が技術に圧迫された環境こそが、サイバーパンクの特徴を為すものなのだ
複雑な世界観ながらその文体は説明が最低限で、視点となるケイスの心境に殉じてときに無骨、ときに詩的と独特のリズムを刻む。淡々とした描写に油断していると、パラグラフの末尾にドロンと情感があふれ出す。SF要素を散りばめた、立派なハードボイルドなのである

作者は『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作をしたはずの映画『ブレードランナー』を観て、映画館を飛び出したという。映画の未来都市があまりに、自分の作品のイメージに近かったからだ(映画の製作より、ギヴスンの作品が先)
進みすぎた技術に倫理が追い付かず、欲望のままサイボーグ化した人間が溢れる未来都市像は、同時代以降の作品にあまりに大きな影響を与えた。千葉シティは妻が教える日本人を見て想像をたくましくしたそうだが、タルコフスキーの『惑星ソラリス』にもあったように、日本の東京都心は80年代まで近未来のイメージを発散していたものだ
管理人の世代でサイバーパンクというと、攻殻機動隊あたりになるのだが、技術に対するスタンスがかなり違う。攻殻だと頭部に情報端末を埋め込む自体に「そうやる前にもっと考えるべきだった」と、無秩序に導入される技術への警句がちりばめられている
しかし本作には全体化したネットワーク社会に対する反骨心はあるものの、人間のサイボーグ化には違和を表明しない。身体への浸食にきわめて楽観的なのだ
技術の進歩に対する説教がないところが、良くも悪くもイケイケの80年代を感じたる次第である


次作 『カウント・ゼロ』

関連記事 【DVD】『惑星ソラリス』


シャドウラン 4th Edition 上級ルールブック ランナーズ・コンパニオン (Role&Roll RPG)
アーロン パヴァオ
新紀元社
売り上げランキング: 292,252


RPGでサイバーパンクというと、コレ
元ネタのはずの『ニューロマンサー』からして、TRPGのような役割分担があったりもして
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。