『風神の門』 司馬遼太郎

今年の大河の外れ臭
柴咲コウが出てるから、観ちゃうんだけど


風神の門 (上) (新潮文庫)
司馬 遼太郎
新潮社
売り上げランキング: 25,061

風神の門 (下) (新潮文庫)
司馬 遼太郎
新潮社
売り上げランキング: 41,216


霧隠才蔵は伊賀忍者ながら、徳川家にも仕えず堺衆の使い走りにされていた。京の八瀬では徳川の刺客になぜか襲われ、沐浴上では菊亭晴季の娘を騙る美女に遭遇する。美女の正体は淀君に仕える侍女・隠岐殿。徳川との一戦に備えて有力な牢人たちに連絡をとるべく、晴季の娘になりすましていたのだ。真田幸村に心酔する猿飛佐助とも出会い、紆余曲折の末、徳川家康の首を狙う

司馬遼太郎の『梟の城』に続く、忍者小説である
立川文庫の創作である真田十勇士が実在したとすれば、どうであったかという視点で描かれ、猿飛佐助は六角氏に仕えた三雲家に連なる甲賀衆とし、霧隠才蔵は伊賀の郷士出身として服部姓を持つ
幸村の腹心として、穴山小助、三好清海入道らも登場し、霧隠才蔵を加えてちょうど10人目の士分が揃い、真田十勇士が結成されることとなる
もっとも、主人公である霧隠才蔵は幸村に臣従したつもりはなく、佐助への友情家康を討つという任務への昂揚感、そして女たちへの恋に突き動かされていく

本作の特徴は司馬作品ながら、インテリ講談と喩えられる歴史講釈が最低限に留まり、講談の産物である忍者が史実の世界に着地できるように力を尽くされているところだ。エンターテイメントに全力なのである
立川文庫だと、猿飛佐助が最上級の忍者で、霧隠才蔵は永遠の二番手扱いとなっているが、本作ではそれが理屈でフォローされる。佐助は組織力に長じた甲賀衆であり、集団を前提とした大規模な忍術に通じている
翻って、伊賀衆の才蔵は個人技を磨くのみで、その性格も唯我独尊。伊賀忍者は個人事業主が基本で、集団行動は性格的に苦手である
これにより、才蔵は自らの周囲ではピカ一の活躍を見せるものの、全体としての貢献度は佐助の後塵を拝するのだ
組織力が個人技に勝る、そうしたリアルさを保った上で、惚れた女ときのまま生きるという自存自立した才蔵の在り方は、戦後の日本人を惹きつけるものがある
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。