【BD】『ドラゴンボール EVOLUTION』

吹き替えが、せめてアニメ準拠なら


ドラゴンボール EVOLUTION [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2010-07-02)
売り上げランキング: 154,969


2000年の昔、ナメック星からやってきたピッコロ大魔王(=ジェームズ・マースターズ)と配下の大猿によって、地球は滅亡の危機に瀕したことがあった。祖父・悟飯(=ランダル・ダク・キム)から聞かされていた孫悟空(=ジャスティン・チャットウィン)だったが、暢気に高校生活を送っているうちにピッコロに自宅を襲われて、悟飯を殺されてしまう。そして、崩れた自宅には、ドラゴンボールを探し求めるブルマ(=エミー・ロッサム)が侵入! 利害が一致してともに亀仙人(=チョウ・ユンファ)のもとへ向かう

なんとなく目に入った勢いで借りた(笑)。勢いがないと借りれない作品である
噂には聞いていたが、確かに出来は良くなかった。最低でも作り手の原作への愛は見せて欲しかったけども、それすら怪しい
レジェンド級の駄作というわけでもなく、低く安定しきっているために、ネタとして喜べるところが少ないのだ
主役が白人は、スーパーサイヤ人=白人化と歓迎される土壌では素で受け入れられるだろうし、配役の在り方もそれほど間違っていない
むしろ許せないのは、ハリウッドらしからず、セットがちゃっちいこと。CGもそれほど使われない昔ながらの特撮風であり、予算の少なさがバレバレだ
どうせ外すなら、盛大に外してもらいたい(白目)

手抜きに思われるのが、敵の陣容である
ピッコロの配下に、なぜかピラフ一味のマイ(=田村英理子)だけがいるのだ。おっぱい要員といえばそうなのだが、なんで普通の人間そうな彼女がピッコロの配下たるのか、まったく作中で説明されない
ヤムチャの登場とブルマへの絡ませ方とか、まったくもってストーリーが雑過ぎる
取り柄はチョウ・ユンファがオモロいおっさんを演じていることと、チチ(=ジェイミー・チャン)“チチ”が凄いことになっとることぐらいだ。この映画、おっぱいへのこだわりだけは、いっちょ前である
ラストに続編を思わせる場面をねじこむならば、ちゃんと予算をとって中身も作ってもらいたいものだ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。