銀英伝ファンのカクテルバー『海鷲』へ行ってみた

職場にモーレツな銀河英雄伝説ファンがいる。その人と会うと、いつも銀英伝の話になったりするのだが、ある日飛び出したのがこのバーのことだ
ファンの間では有名で、職場の同僚も「いつか行きたい」と言い続けていて、盆休みに行ったら無念のお休みだったらしい。日本なのだから当たり前といえば、当たり前なのだが、その言い訳が「帝国で内戦が始まった」というのだから振るっている
こっちは小説を完走、ゲームをだいたい、アニメはあまり見ていない程度のライトなファンなのだが、話の弾みで先行偵察に出かけることとなった

一人で酒を飲むのは寂しいので、競馬ファンの友人二人を連れて道頓堀ウインズで集まり、馬券勝負を楽しんだ勢いで乗り込むことにした。ちなみに競馬の結果はお察しのとおり。ちくしょうめ~

『海鷲 Seeadler(シーアドラー)』があるのは、地下鉄堺筋線日本橋駅から千日前通りを西へ歩いたところにあるゴールデンフタバビル8階。ビルそのものは派手だが、細いし通りから少し入ったところにあるので、グーグルマップで確認すべし
なんば駅から歩いても、距離的にはそれほど変わらない

海鷲の玄関

このフタバビル、小さいバーが集まっていて、みんな入り口は殺風景である。この銀河帝国の紋章が目印
開店は午後6時で、真面目そうな店長が招きいれてくれた。店内はテーブル席二組に、カウンター数席とこじんまりとした広さながら、大型テレビにて『銀河英雄伝説』のOVAがマーラーの音楽ともに流される。テーブル席にもアニメの音声が聞こえるように、スピーカーが備えられていて、自然と引き込まれてしまう

くたばれカイザー

とりあえず、頼んだのは、「ビバデモクラシー、クタバレカイザー/イワン・コーネフ」。派手な色がヤン・イレギュラーズらしい
カクテルにはそれほど強い酒が入ってないので気軽に頼める。ノン・アルコールのカクテルも充実しているので、たとえ酒が弱くてもメニューには困らない
もっとも、ブランデーやウィスキーが入った場合は、それなりに覚悟すべし

ビッテンフェルトの非常食

名前から想像しづらいのが、ビッテンフェルトの非常食。あの猪武者のイメージと相違して、サイコロチョコと乾しブドウを飾ったデザートなのである
途中で女性の店員も加わったが、個人でやっている店なので、温かいメニューを頼むとどうしても時間がかかる
とりあえず、「双璧のおつまみセット」あたりを頼んで、提督たちをイメージしたカクテルをちびちび頂くのがこの店の楽しみ方なのだ

*個人的には「オフレッサーのフリカッセ」があって欲しいけど、この規模の店では望めないわな

海鷲のコースター

飲み物、食べ物ともにかなり良心的なお値段で、三人でしばらく過ごしても一万円行かなかった
記念にこのコースターテーブルに敷かれた名言集まで頂いてしまった。ブランクのあるファンには恐縮のサービスだ
銀英伝関係者にも有名な店らしく、キルヒアイス役の広中雅志さんの台本など貴重なグッズも拝見できて、店員の許可をとって店内を撮影する人もいた。お客さんも管理人より少し上の40代の方々が多く、普通に落ち着いて飲める場所だった
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。