『黒祀の島』 小野不由美

黒祀という専門用語は創作?


黒祠の島 (新潮文庫)
黒祠の島 (新潮文庫)
posted with amazlet at 16.09.01
小野 不由美
新潮社
売り上げランキング: 51,019


仕事仲間の作家・葛木志保が突然、失踪した。探偵・式部悟は、葛木の故郷と呼ばれる地図にない島“夜叉島”へ向かう。そこは元網元の神領家が隠然とした力を誇る島で、“カンチ”と呼ばれる神を慰める風鈴と風車が不気味に飾られていた。余所者を嫌う島民たちに冷たい視線を受けつつも、式部は“カンチの裁き”とされる残虐な殺人事件を知る。果たして、殺された女性は本当に葛木なのか

『SIREN2』みたいな話と思ったら、まさかの悪霊島(苦笑)
前半部分の島の光景がおどろおどろしいので、ホラー物という先入観を持ってしまった。海に流される牛、季節はずれの風鈴と風車、見せしめのような残虐な殺し、それを隠蔽する支配者一族と島民……こうした描写の積み重ねがネット時代にあるまじき異様な封鎖空間を作り出す
しかし推理小説というジャンルとしてはどうだろう。式部があまりに平凡で地味過ぎる。普通で薄味の主人公はホラーでは、読者に近い視点を提供するが、謎を解く探偵としては存在感がない。島に赴任した医師・泰田元守護の安良といった情報提供者のほうがアクが強く、物語の展開も彼らの情報や推論に引きずられていく
ホラーとしても、ミステリーとしても帯に短したすきに長しなのだ
中盤が平和すぎて拍子抜けするし、終盤にひねったオチが畳み掛けられるものの、式部の葛木に対する思いが薄味なので感動のはずのラストも盛り上がりがない
『屍鬼』の作者とは思えない、竜頭蛇尾の作品だった


関連記事 『屍鬼』 第1巻
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
SF (22)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。