『真田太平記 (六) 家康東下』 池波正太郎

西軍が戦前からダメ過ぎて


真田太平記(六)家康東下 (新潮文庫)
池波 正太郎
新潮社
売り上げランキング: 7,154


徳川家康による天下への仕置きに対して、大老の一人上杉景勝は会津で淡々と領国の整備に努める。これを咎めた家康に対して、激烈な家康非難を行った直江状が返され、家康は上杉討伐へ乗り出すのだった。佐和山に謹慎中の石田三成はこの機を捉えて、毛利輝元、宇喜多秀家といった大大名を抱きこんで挙兵する。真田昌幸・幸村父子は、上杉討伐へ従軍するなか、三成の使者と会見するのだった

前田利家の死後、徳川家康が第一の実力者として天下を牛耳った
本多忠勝の娘を嫁とし徳川家の一門として生きる覚悟を固めた沼田の真田信幸に対して、上田の本家、真田昌幸は上杉景勝への同情、秀吉の遺子に対する愛情を隠せない
はたして石田三成が徳川家康に勝てるのか?
昌幸や“草の頭”壺谷又五郎は、上杉討伐の権威を豊臣政権に拠っている以上、簡単に天下を取れないと踏んだ。が、徳川家康の器量は想像以上で福島正則など豊臣恩顧の武将を手なづけてしまうのだった
一方の石田三成は岐阜城の救援に出陣し大垣城へ退く際に、墨俣の島津勢へ連絡を怠るミスをし島津義弘を怒らせ、夜襲で押し返そうとする宇喜多秀家の采配を退けてその信を失ってしまう
三成に対する下げ演出が目立って、西軍に賭けた昌幸たちが可哀想になる(笑)

上杉景勝はなぜ家康に楯突いたか
フィクションで語られるような石田三成と連携したとか、挙兵するのを見越していたというのは、後の経過を見て作った筋書きくさい
蘆名・蒲生時代からの居城・若松城が将来、手狭になると考えた景勝は、新たに神月城の建築に着手。それを咎めた家康が討伐のきっかけするのだが、一説には家康自身の許可を得ていたという話もある。だとすると、直江状で家康を謗るのも妥当である
上杉家以前にも利家没後の前田家が、豊臣への謀反を疑われた一件があり、その結果、利家未亡人・芳春院を江戸に人質へ送らねばならなかった
城の改築から大名の改易に結びつけるのは、江戸幕府の常套手段であり、大大名を貶めるための冤罪は充分にありうる


次巻 『真田太平記 (七) 関ヶ原』
前巻 『真田太平記 (五) 秀頼誕生』
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。