【BD】『サイレントヒル』

静岡にようこそ


サイレントヒル [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2013-07-02)
売り上げランキング: 20,379


ローズ(=ラダ・ミッチェル)は、娘シャロン(=ジョデル・フェデランド)の夢遊病に悩んでいた。正気を失っているときに口走る「サイレントヒル」という言葉から、彼女は坑道事故でゴーストタウンとなった町へと向かう。途中、同地の警官シビル(=ローリー・ホールデン)から誘拐犯と疑われ全速力で突っ切るが、人影を見てスピン。気がついたときにはシャロンは車から姿を消していた

ゲーム『サイレントヒル』の実写映画である
監督クリストフ・ガンズが同シリーズの大ファンということで、霧に包まれた町、異形が近づくと鳴るノイズ、サイレンと共に訪れる裏世界、みんな大好き△様と、ゲーム経験者だとニヤリとするシーンに溢れている
原作ゲームがスティーヴン・キングの小説群(直接的には『霧』)にヒントを得ているからか、実写化すればさもありなんと、世界観が忠実に再現されている
管理人もさして詳しくないので正しい考証はしかねるが、「サイレントヒル」の設定そのものには舞台の町がゴーストタウン、女性が主人公、シビルやグッチ警部など外部の人間が大きく関わるなど、映画オリジナルの要素も多くかつ雰囲気を壊していないので、ゲームのオチを知っている人でも最後まで楽しめる作品となっている
そんなストイックなホラーのなかで、ラダ・ミッチェルの胸元がエロい。さりげないサービスシーンもたっぷりである
ゲームのイメージよりリアルなGやグロ表現に注意が必要だが、もっとも望ましい実写化がなされたといえよう

ゲーム『サイレントヒル』は、とりあえず仮タイトルとして「静岡」の英訳(?)をつけたところ、響きがいいのでそれがタイトルになったらしい。いちおう、熱海が町のモデルになっているという話もある
映画版の「サイレントヒル」は、ウェスト・バージニア州でアメリカ東部の魔女裁判が行われていた土地柄。そうした、かつての悲劇と、都会から切り離された内陸都市の閉鎖性経済原理によって放棄されて生まれるゴーストタウンなどの現実があいまって、地続きのホラーとして成立させている
ちなみに『サイレントヒル』のスタッフが製作したゲーム『SIREN』も、堤幸彦によって実写映画化されたが、こっちはかなり微妙森本レオの怪演ぐらいしか見せ場がなく、設定が根底から変えられていた
日本で実写化にこだわると、予算と環境からヘタレる好例といえそうだ


Silent Hill: Homecoming (輸入版:北米)
Konami(World) (2008-09-30)
売り上げランキング: 9,522
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
SF (25)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。