【BD】『プロメテウス』

なぜか剛力彩芽がヒロインの吹き替えとか
何気に『ボルジア家』でクールな殺し屋を演じたショーン・ハリスが、早々にパニックを起こす専門家を演じていてワロタ


プロメテウス [Blu-ray]
プロメテウス [Blu-ray]
posted with amazlet at 16.05.06
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013-07-03)
売り上げランキング: 10,060


2093年の未来宇宙船プロメテウス号は、別星系の惑星の探索に乗り出していた。四年前にスコットランドで発見された古代の壁画から、ここが人類生誕の地と考えられたからだ。遺跡を発見したエリザベス・ショウ(=ノオミ・ラパス)とその恋人のチャーリー・ホロウェイ(=ローガン・マーシャル・グリーン)他、17人の乗組員が惑星へと乗り込む。ショウたちが参加した先遣隊は、有毒な大気のなかで綺麗な空気が詰まった謎のドームを発見するが……

初代の監督リドリー・スコットによる、エイリアン・シリーズの前日譚
監督が監督だけあって、冒頭から荘厳な大自然の光景に始まり、広大な遠景は圧巻。人間の宇宙船もかなりでかく、十数人で動かせるのかと疑うほどだが、宇宙人のそれは輪をかけてでかく、そのスケール感には圧倒された
キューブパズルのようなプレゼン用ホログラフィック装置球体のドローン自動探索機など近未来の小道具もデザインがクールで、『フォースの覚醒』も見習ってもらいたいほどだ
ストーリーはわけも分からぬうちにエイリアンの苗床に踏み込んでしまい、不注意な専門家が「アーッ」となるおなじみの展開を遂げるものの、中盤以降のそれに対する対応を巡っての描写に混乱が見られた。なぜホロウェイに取り付いた奇病を隔離でなく、“消毒”する判断となるのか。それに対してホロウェイは従容と“消毒”を受け入れるのか
クライマックスにつれて、やっつけ的な畳み方が目立っていく。宇宙船の船長ヤネック(=イドリス・エルバ)がやけに物分りがよく、クルーたちも「おまえら神ファミリーか」という潔さを見せる
特に悪いことをしていないヴィッカーズ(=シャーリーズ・セロン)も(ヒロインの彼を消毒したけども)、真っ直ぐ転がってくる宇宙船をそのまま縦に走って轢死するという、映画史に残る間抜けな死に方をさせてしまう
と、謎の展開で台無しになる部分はあるものの、その映像美だけでも充分お釣りの出る作品である

本当に『エイリアン』の前日譚にするのか、“ぽく”するだけなのか、紆余曲折があったらしく、作中で現れるエイリアンたちは微妙にデザインが異なる
エイリアンの繭も寒さのせいでカチコチであり、そこから出てくる幼虫はシリーズのフェイスハガーとは異なり、エイではなく細長い寄生虫みたいな格好である。しかし、その体液は強力な酸であり、関連性が明らかになる
寄生の仕方も、小さい回虫として血液に侵入するパターンと、口から堂々と侵入するパターンに分かれ、ヒロインは感染したホロウェイとチョメチョメしたことで新種のエイリアンを生み出してしまう
口から侵入された専門家はなぜか、超人として復活! クルーを跳ね飛ばす大立ち回りを演じる。バイオハザードのウェスカーでもリスペクトしたのであろうか
ヒロインが生んだエイリアンは巨大イソギンチャクに成長して、最後には人類の創造主である異星人“エンジニア”を吸収することで……、いちおうエイリアン・シリーズにつながるラストとなっている
人類の創造主がエイリアンの創造主でもあり、なぜ“エンジニア”は人類にこんな仕打ちするのか。ギリシャ神話以来の“子殺し”をテーマとして、続編が作られるようだ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
SF (24)
RSSリンクの表示
リンク
FC2 Blog Ranking
ランキング
アクセスアップ!?
検索フォーム
はてな
この日記のはてなブックマーク数
タグランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。